最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

JR総武線のおかしな街・平井に行ったら異世界だった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

●マイナーな駅・平井にも三業地があった

平井駅というと、JR総武線の駅だが、降りたことのある人は少ないだろう。両国、錦糸町、亀戸、小岩、新小岩では降りても、平井では降りない。マイナーな駅である。1899年に駅ができたが、乗降客数は今も一日当たり3万人程度と小さい駅だ。

だが、行ってみると面白い。駅の南口には戦前から三業地があって、けっこう栄えたそうである。1943年に待合・料亭組合員数が33だったというから、荒川区の尾久や中野区の新井、中野新橋の三業地と同規模だ。

阿部定が吉蔵と出会ったのが新井の吉蔵の経営する料亭、一物をちょん切ったのが尾久の料亭だったことから推測して、当時としては東京郊外に当たる地域の三業地としては、十分に栄えていたといえるのではないか。今行ってもいくつか料亭が残っている。木造の味わい深い建物もあり、往時を偲ばせる。

そこからしばらく歩くと昭和な喫茶店がある。東京23区西側ではほぼ消滅したタイプであるが、下町に行くとまだ残っているのがうれしい。

面白いのは駅北口の「平井ショッピングセンター」である。外観は数階建てのモダニズム建築なのだが、1階と2階がショッピングセンターになっている。ショッピングセンターといっても、1階は靴下屋と婦人服店と化粧品店があるくらいで、2階は居酒屋、寿司屋、うどん屋と昭和喫茶。おたくの聖地になる前の中野ブロードウェイを限りなく小型化したような感じといえば、わかる人にはわかるか。

喫茶店と同様「町中華」も多いのは昭和世代にはノスタルジーをそそる。

平井は擬宝珠(ぎぼうしゅ、ぎぼし)の街でもある。擬宝珠とは五重塔の上や橋の欄干の上に付ける真鍮の、タマネギのような形の帽子である。この工場が平井にある。髙橋金交(かねへんに交わるで1文字)工業株式会社だ。「金交」は「しぼり」と読む。平らな板金を立体的にする工程を「しぼり」というのだ。

同社は、終戦後の1949年に操業開始。一貫してヘラシボリ加工に専念してきた。アルミ製食器、車のヘッドライトカバーからハダカ電球の傘、照明器具一般などをつくり、常に新技術を開発してきたという。たしかにタマネギのような形に成形するのは高度で特殊な技術がいるに違いない。テレビの散歩番組などで取り上げられることも多いのか、外から製作現場を見ていても、慣れたもので、気さくに見せてくれた。

この擬宝珠工場のほかにも、昔は多くの町工場があったらしい。今はたいがいマンションに変わってしまった。それでも平井には253の製造業事業所があり、江戸川区全体の2146事業のうち、1割以上を占める。平井よりも多いのは松江の351事業所だから、工場街としては大きかったことがわかる。

平井出身の30代の男性に聞いたところでは、小学生、中学生時代には街を駆け回って遊んでいたらしく、マンションの屋上に上っていちばん縁を走ったりしたという。危なくてしょうがないが、下町の子どもらしいといえば実に「らしい」遊び方だ。鳶職になる人だってこういう下町には多いだろうから、子どもの頃からマンションの屋上を駆け回っても当然なのだろう。

そういう子どもがたくさんいたせいか、工場の塀にも「きけん へいにのぼるな」「はいってはいけません」の張り紙や看板が、ずいぶん昔のもののようだが、残っている。単にのぼって中を見ただけでなく、塀の上を走ったのに違いない。

●急な階段が好きな街?

こうした工場街の特徴のひとつは、工場経営をしている人が、その技術を示すために、ちょっと普通は考えられない建物を建てることがあるという点だ。これは下町でなくてもあることだが、たとえばダクト工場の本社がダクトを壁面に縦横無尽に貼り付けていたり、水道工事会社がパイプを貼り付けていたりするのである。

また工場街は住宅地の土地が狭い。だから、階段が急だったり、玄関が小さかったりする。玄関はドアではなく引き戸が普通だ。昔の長屋風ということもあるが、土地が狭いからドアより引き戸が便利なのだと思う。

私はそういう変則的な階段や建物を見るのが大好きなので、平井でも探し歩いたが、大発見をひとつした。狭くて急な螺旋階段を上って2階の玄関に行き、さらに屋上の物干し場に行くには別の窓(?)から出てまたしても急な階段を上るというものである。こりゃあ、ずいぶんと身の軽い人が住んでいるんだろうなあ、やっぱり鳶職の人かしらと感心した(ただし住人の職業を確かめたわけではないが)。

こういう建物は古いので、いずれはなくなってしまい、ただの四角いビルに建て替わるだろう。昭和の記録、高度成長期の記録がなくなるようで、寂しい。
(文=三浦展/カルチャースタディーズ研究所代表)

外部リンク(ビジネスジャーナル)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス