「ZIP!」決めポーズ考案者はアンジーだった

1月24日に放送されたバラエティ番組「1周回って知らない話」(日本テレビ系)で、同局の朝の情報番組「ZIP!」の決めポーズの考案者が、ハリウッド女優のアンジェリーナ・ジョリー(42歳)であることが紹介された。

番組ではこの日、「ZIP!」のポーズの由来、誰が決めたのかという疑問をピックアップ。この疑問に、総合司会の桝太一アナ(36歳)が「あれって意外と皆さん由来知らないですよね」と語り始めた。

番組開始の初期の初期は現在のポーズとは異なり、出演者が「ZIP!」と言いながら「手を前に出すことだけが決まりだった」そう。そのためポーズもなにやらバラバラで統一感がなかったが、放送開始から2週間が経った頃、アンジーへのインタビュー取材があったという。

それはアニメ映画「カンフー・パンダ2」のボイスキャストを務めていた、アンジーとジャック・ブラックへのインタビュー取材。スタッフから「ZIP!の決めポーズを…」とお願いされたアンジーが、自らのアイデアで、「ZIP!」と言いながら手でハートを描くポーズを披露した。

それを見た番組側が「これ良くない?」という話になり、そのまま採用することに。桝アナは「(C)アンジー。由緒正しきポーズでございます」と語っていた。

あなたにおすすめ