無意識にやってない? デート中に男子のテンションを下げちゃう女子の言動

LAURIER PRESS

2018/1/24 21:00

せっかく気になっている人とデートをしたのに、無意識の言動で男子のテンションを下げてしまっていたら悲しいですよね。今回はデート中に男子のテンションを下げてしまう女子の言動を調査してみました。意外とやりがちな無意識な言動で彼を嫌な気持ちにさせないように気を付けて!

1. 「ここ前に来たことある!」
「デート中にちょっと奮発して連れていったオシャレなBARで、『私、ここ前に来たことある! 水槽があって個室のところだよね~』と言われたこと……。先にネタバレされたことと『どんな男と来たんだろう』と想像してしまったこと、ダブルでショックでした。もし来たことがあっても直接言わないで心に秘めていて欲しい」(24歳男性)

2. 一緒にいるときにLINEをいじる
「せっかく2人で一緒にいるのに、ふと気づくと誰かとLINEをしている。かなりテンションが下がります。もし大事な連絡をする必要があるなら、『ちょっとLINEの連絡返してもいい?』と言って欲しい。無言でずっといじっていると不安になります」(21歳男性)

3. 他の男子の話をする
「好意を持っている女の子と2人で食事に行ったときのこと。彼女のトーク内容が、2時間くらいずっと他の男子の話だったんです。別に他の男を褒めているわけではなく、逆に『あいつ嫌い! 本当に話がつまらない!』みたいな悪口だった。それって、自分も裏で言われているのかもしれないと思ってしまいテンションが下がります」(24歳男性)



4. 彼が選んだお店に文句を言う
「先日デートした女の子に、事前にLINEで『どこに行きたい?』と聞いたら『どこでもいいよ!』と言われたので、自分が店を選びました。そうしたら、店に入るなり『なんかこの店、変なニオイしない? 店員の質が悪そう』とブツブツ文句を言っていた。この場合、店を選んだ男の方が『ちょっと変なお店だったみたい、ごめんね』と言うのはわかる。でも彼女の方から言うのは、感じが悪いなと思いました」(26歳男性)

5. 全然目を合わせてくれない
「初めて2人でカフェデートをしたとき、相手の子が終始まったく僕の目を見てくれなかったときはテンションが下がった。恥ずかしいから目が見れない、という子もいるかもしれないけど、自分にまったく興味を持ってくれていないのかもしれないと感じてしまった。やっぱり一方通行のコミュニケーションって悲しいですよね」(24歳男性)

相手の目線から自分を観察してみよう!


自分ではそんなつもりはなくても、相手に勘違いさせてしまう言動ってありますよね……。テンションが下がってしまったら、次のデートを誘いたくなくなってしまうものです。相手の目から見て自分がどんな風に見えているのか? それをちょっとだけ意識するだけでも印象を良くすることができるはずです♡ デートが楽しめるように最低限のマナーは守りましょう!
(ヤマグチユキコ)

あなたにおすすめ