最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

バレンタインの友チョコも!注意しておきたい「食物アレルギー」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
卵乳小麦粉なしクッキー
photo by author

もうすぐバレンタインですね。最近では“友チョコ”というものもあり、昔に比べてお友だち同士のお菓子交換の機会が増えているようです。

楽しいイベントは小さいお子さんも一緒に楽しみたいものですが、実はお菓子をプレゼントするときに気をつけた方が良いことがあります。

今回は小さいお子さんへのプレゼントで気をつけたい、“食物アレルギー”についてご紹介します。


▼お菓子をあげる前にやるべきこと2つ


お子さんが喜ぶお菓子ですが、プレゼントする前にしておくべきことがあります。それは“きまり”と“食物アレルギー”の2つを相手のママに確認することです。

1つ目の“きまり”とは、「甘いものは〇歳まで食べさせない」といったご家庭の方針のこと。

きまりがあるご家庭には、どんなものだったら食べられるか事前に聞いておく方がいいでしょう。

2つ目は“食物アレルギー”のこと、これは重要です。

最近では認識が広まってきましたが、重症化すると命にかかわることもあります。食物アレルギーの有無は必ず確認しましょう。

関連記事:【ママの離乳食Q&A】アナフィラキシーショックが怖い!「離乳食開始時期」がアレルギーに影響するってホント?

▼表示をチェック!お菓子に含まれるアレルゲン


アレルギーの原因となる物を“アレルゲン”といいます。

多岐に渡るアレルゲン食品ですが、重篤な症状になりやすいものや、アレルギー症状を起こす人が多いものについて表示が義務付けられています。

表示義務があるものはこちらの7種類です。
source:https://www.shutterstock.com/

そば  / 落花生 / 乳 / 卵 / 小麦 / えび / かに

この中でお菓子に含まれることが多いのは、落花生・乳・卵・小麦です。

含まれている場合は包装にその旨が記載されていますが、生菓子のように店頭で包装されるものは表示されていないことがあります。購入する際は店員さんに確認しましょう。

卵は食物アレルギーの中でも頻度が高く、加工品に含まれることも多いので注意が必要です(※)。

卵そのもの以外に、加工品が使用されていることがあり、“ラムネ菓子”の中にも卵の殻の加工品が含まれていることがあります。

卵アレルギーのあるお子さん向けのものを選ぶ際には、原材料表示をよく見る必要があります。

乳も卵と同じく、アレルギーを起こす頻度の高い食品です。原材料表示の“乳”とつくものは避けた方がいいでしょう。

“乳化剤”は大豆、卵黄などから作られるものなので乳アレルギーのみの場合は避けなくても大丈夫ですが、卵アレルギーがある場合は注意が必要です(※)。

また、落花生は重篤な症状に陥りやすいことが知られています(※)。小さいお子さんに落花生のアレルギーがある場合は他のナッツ類も避けたほうがいいでしょう。

食物アレルギーのある方向けに、“アレルゲンフリー”の商品もあります。小麦は調味料や水あめに使用されていることがあり、表示を見ただけではわかりにくいので、重い小麦アレルギーがある場合はアレルゲンフリーのものを選ぶのが無難です。

アレルゲンフリーのお菓子はベビー用品を売っているお店に置いてあることが多いので探してみてくださいね。

関連記事:ついついあげすぎちゃう「食後のおやつ問題」に教育専門家がアドバイス

▼卵、乳、小麦不使用♪「おいものココアクッキー」

卵乳小麦粉なしクッキー
photo by author

【 材料 】
・さつまいも・・・中1/2本
・きび砂糖・・・40g
・豆乳・・・50ml
・米油・・・大さじ2
・米粉・・・80g
・かたくり粉・・・20g
・ココア(砂糖不使用のもの)・・・大さじ1/2

(1)さつまいもは蒸すか、電子レンジでやわらかくなるまで加熱し、皮をむいてつぶす。

(2)(1)にきび砂糖、豆乳を加えて混ぜ、米油を加えてさらに混ぜる。

(3)米粉とかたくり粉とココアを合わせ、(2)に加えてさっくりと混ぜる。ラップで包んで冷蔵庫で1時間休ませる。

(4)オーブンを170度で余熱しておく。(3)をめん棒で伸ばし、好みの型で抜いたらクッキングシートを敷いた天板に乗せ、170度で20分~25分焼いたらできあがり。

食物アレルギーについては一緒に食事をとる機会がなければ知らないこともあります。お菓子をプレゼントしても、みんなの中で一人だけ食べられないとしたら……。

何よりうっかり食べてしまったら大変危険です!

みんなで楽しく食べるためにも、2つのポイントは必ずチェックしてくださいね♪

【参考・画像】
※ 中村 丁次ら編「食物アレルギーA to Z―医学的基礎知識から代替食献立まで」(2010)第一出版
※ ArtCookStudio / Shutterstock, 著者提供 / 画像

外部リンク(It Mama)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス