最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

知英、山崎育三郎と入れ替わり希望「誕生日が一緒で兄弟みたいな感じ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 歌手で女優の知英が24日、主演映画『レオン』の完成披露試写会に登壇。竹中直人らと笑いを交えてトークを展開し、知英は「誕生日が一緒の1月18日で、兄弟みたいな感じ」の山崎育三郎と入れ替わりたいと希望した。

【写真】『レオン』完成披露試写会 舞台挨拶フォトギャラリー

本作は、同名漫画を原作とするコメディムービー。知英演じる地味な派遣OLの小鳥遊玲音(たかなし・れおん)と、竹中演じる年商500億円のワンマン社長・朝比奈玲男(あさひな・れお)の心と身体が入れ替わって起きるドタバタ劇を描く。

完成披露試写会には知英や竹中、山崎のほか、大政絢、吉沢亮、斉藤慎二(ジャングルポケット)、ミッツ・マングローブ、塚本連平監督が出席した。

知英は今回、劇中で竹中と入れ替わる設定でオヤジ演技にチャレンジ。「入れ替わり物は今回2回目(前回はテレビ朝日系列の連続ドラマ『民王』)。(入れ替わるキャラが)エロ社長ということが難しかった。皆さんに助けられて、楽しんで撮影できた」と話し、「笑いもたくさんあって、意外な展開で感動することもあるかもしれない。楽しみにしてほしい」と本作をアピールした。

竹中は開口一番、「知英が最高でしたね」と述べて「二人でセリフや入れ替わったときの声のトーンとか合わせたりした。日本語の上手さも感動した」と絶賛。その後、竹中は事あるごとに斉藤ら共演者のコメントに割り込んだり壇上を動き回ったりしてハッスル。会場が笑いに包まれた。

登壇者の誰かと1日だけ入れ替われるならと問われると、知英は「山崎さんと入れ替わりたい。誕生日が一緒の1月18日で、兄弟みたいな感じ」と答え、「男の声でしゃべってみたい」と願望を語った。

竹中は斉藤を指差して「この男になってみたい」と言い、「この顔で街を歩いてみたい。どういう風を感じたり街の匂いを感じたりするのか…」と珍獣扱い。たまらず斉藤が「一生懸命、人間やってるんだぞ!」と竹中に食ってかかっていた。

映画『レオン』は、2月24日より全国公開。

外部リンク(クランクイン!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス