【ラーメン情報】あとは野となれ麺となれ vol.11『勝や』

ViRATES

2018/1/24 19:00

小田急線梅ヶ丘駅前の路地裏で、老若男女が等しく洗面器大の丼から麺を啜る光景が見られるのは、2006年5月オープンの「勝や」。

元は永福町大勝軒系列の「梅ヶ丘大勝軒」として営業されていましたが、その時の店主さんが「昭島大勝軒」へ移るのを機に、お弟子さんであった現在の店主さんへ引き継ぎ、新たに「勝や」としてオープンさせたようです。そのため直系ではありませんが、永福町系の中でも割と評判の良いお店だと思います。

メニューは中華麺、生玉子麺、ワンタン麺、チャーシュー麺、ワンタン、メンマ。本家本元の「永福町大勝軒」、麺はデフォルトで2玉入り。洗面器大の丼で提供される一杯は非常にボリューミーなのですが、本家と違い、こちらは1玉に減量する事ができます。その分、チャーシューもしくはワンタンを増量することができ、小食の方にとっては有難いサービスとなっております。

今回は中華麺を麺半分のチャーシュー増しでオーダーしました。

しばらく待って到着。具はチャーシュー、メンマ、ネギ、柚子の皮。麺半分といっても1玉入ってますので、標準的なお店と同等かやや多め位の量です。

少し縮れた中細麺は永福町系らしい柔らかめ。ちなみに硬めオーダーも可能です。スープは本家本元のような激熱ラードの油膜はないですが、その代わり食べやすく、煮干の出汁が効いた醬油味という点ではベクトルを同じくするものです。本家本元のようなエッジの立ったラスボス感のあるタイプではなく、全体的に穏やか味わいといった印象ですが、これはこれで飽きのこない、老若男女に愛される普遍的な一杯であることに間違いはないかと思います。

近辺に行く機会があれば、また寄りたくなりそうです。

ごちそうさまでした!

店名:中華そば専門店 勝や
住所:東京都世田谷区梅丘1-22-11
最寄り駅:梅ヶ丘駅
営業時間:11:00-14:30 17:30-20:00
定休日:水曜日・第3木曜日

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス