最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

北海道2月~4月 春のスタート早そう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
24日、札幌管区気象台は2月~4月の北海道の3か月予報を発表しました。気温はほぼ平年並みでしょう。2月は平年並みか低く、厳しい寒さとなる日がありそうですが、3月と4月は平年並みか高いため、春のスタートは早まるかもしれません。降水量はほぼ平年並みでしょう。2月は日本海側で平年並みか多く、大雪となる日もありそうですが、太平洋側とオホーツク海側は平年並みか少ない見込みです。3月と4月は各地域ともほぼ平年並みとなりそうです。

●月ごとの詳しい天気

(2月)

冬型の気圧配置が平年よりも強いため、日本海側では雪の降る日が多くなるでしょう。局地的な大雪などにも引き続き注意が必要となります。一方、太平洋側やオホーツク海側は平年よりも晴れる日が多い見込みです。強い寒気の影響を受けやすため、気温は平年より低く、前半を中心に厳しい寒さとなる日がありそうです。

(3月)

冬型の気圧配置の強さは、平年と同じくらいとなるでしょう。日本海側は平年と同様に曇りや雪、雨の日が多い見込みです。太平洋側とオホーツク海側は、平年と同様に晴れる日が多いでしょう。気温は平年並みか高く、急速に寒さは緩む見込みです。雪解けは順調に進みそうです。しかし、3月は低気圧の通過などによりどか雪や猛ふぶきとなることもあるため、もうしばらく雪に対する注意は必要となりそうです。

(4月)

高気圧と低気圧が交互に通過する春の気圧配置に変わってきます。日本海側とオホーツク海側は、平年と同じように天気は数日の周期で変わるでしょう。太平洋側でも数日の周期で天気は変わりますが、晴れる日が多い見込みです。気温は平年並みか高く、日差しの暖かさを感じられるようになりそうです。


外部リンク(日直予報士)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス