コレは出会いを逃す!男性に不評な40代女性の飲み会NGメイクって?

OTONA SALONE

2018/1/24 18:30



「今年こそ、出会いたい」と婚活への意欲が強くなると、ちょっとした飲み会にも気合いが入る40代女性が多いのではないでしょうか。

職場も出会いの宝庫ではあるけれど、オフィスラブに発展しない出会いばかりだと、やっぱり新たなる出会いを求めたくなるのが婚活女性の心理です。

「今度の飲み会で、必ず出会う!」と、決意を新たにしていらっしゃる40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

「出会いたい!」が強くなりすぎると、メイクにも気合いが入りすぎて、かえって男性がドン引き……なんてこともあるので、40代の飲み会は“品格”を忘れずに臨みたいシーンです。

今回は、男性から不評になりやすい40代女性の飲み会NGトレンドメイクをお話します。

NG1:「うさぎメイク」だけでない囲み目メイク全般




今年に入ってからリアルトレンド旋風が吹き荒れている“囲み目メイク”は、目のまわりをグルリとアイシャドウやアイライナーで囲み、目元にインパクトを出すメイク手法。淡い色のアイシャドウなら、40代でも使えるトレンドテクニックのひとつです。

しかし飲み会での囲み目メイクは「がんばってます!」「気合い入れてます!」を想像する男性が少なくないだけに、出会いたい飲み会ほど、避けたほうが無難なメイクにも。また、レッド系で囲む“うさぎメイク”は、男性から理解されないことも多いので、特にデンジャラスです。

トレンドすぎるメイクは、ときにミーハー的な印象を与えることもあります。品格を出したい日には、王道かつ定番なほうが好感を狙いやすいのです。

NG2:ナチュラルを狙いすぎたカラーレスベース




ナチュラルメイクを意識し、カラーレスに走りすぎてしまった肌は、男性の目からは意外と不評です。

カラーレス仕上げのつるんとした肌をつくろうと思うと、結構な厚塗りにしないとあの質感は生まれませんが、ちょっと人間らしからぬアンドロイド的な“のっぺり”した印象を与えるだけでなく、飲み会ではアルコールが回ってくると肌がテカりやすいこともあって、ドロドロに崩れた肌が目立ちやすいのです。

会社にいるときには美しく見える肌でも、お酒が入ってメイクが崩れやすくなる事態を想定したベースにしたほうが、飲み会では品格を崩さずにいられます。

NG3:友達と丸かぶりなお揃いメイク




若い女性が「お揃いメイク!」「ここをリンクさせてる!」と言っている“女友達の仲良しアピール”には微笑ましいものがあるけれど、40代になって「今日は口紅をおソロにしてきたんです!」「アイシャドウもアイラインも同じ色を使ってきました!私たちって、仲良しなんです!」アピールをしてしまうと、幼稚な印象を抱く男性が少なくありません。

40代女性には落ち着いた品格を求める男性も多いので、ミーハー感を出してしまった時点で、どんなにトレンドの素敵なメイクでも安っぽいイメージを与えがち。「お友達とお揃いのメイク:は飲み会慣れしていない女性ほど安心感があるものだけれど、大人の女性としてはやっぱり“個性”を活かすオリジナルメイクのほうが素敵に見えます。

わざわざ口にしなければ気づかない男性も多いので、発言に気をつけておけば、本当は“お揃い”でも気づかれないで済むケースもあるかもです。

出会いを求めて参加する飲み会だからこそ、トレンドメイクで気合いを入れたいのが女心。しかしトレンドメイクには、ときとして男性には理解されないものもあります。

飲み会では、“自分らしさ”を活かした40代にふさわしい品格を備えたメイクのほうが、実はモテへの近道だったりもします。ぜひ意識してみてください。

【もっと読む】

#40代の美容( https://otonasalone.jp/tags/40代の美容/ )

#マイナス5歳見え!( https://otonasalone.jp/tags/マイナス5歳/ )

あなたにおすすめ