アンノウン・モータル・オーケストラが新曲を急遽リリース、ワールド・ツアーも同時発表

SPICE

2018/1/24 17:07

ローファイなサウンドで奏でられる極上サイケデリアで絶大な人気を博すアンノウン・モータル・オーケストラが新曲「American Guilt」を急遽リリース。


ニュージーランド出身のルーバン・ニールソンを中心に、ポートランドを拠点に活動。様々なジャンルの要素を融合し、ローファイなサウンドで奏でられる極上サイケデリアで絶大な人気を博すアンノウン・モータル・オーケストラ。昨年の来日公演から約1年、次なる動きに期待が集まっていた彼らが、突如新曲「American Guilt」をリリースする。

ローファイでファジーなギターの音色が非常に印象的なファンキーで力強いロックナンバーに仕上がっている。またバンドは新曲の公開と同時に、大規模なワールド・ツアーの日程を発表した。UMOの活発な活動が望めそうな本年、ここからさらなるリリースを期待してもよさそうだ。

新曲「American Guilt」の視聴はコチラ:


Release Infoリリース情報

American Guilt
byUnknown Mortal Orchestra アンノウン・モータル・オーケストラ「アメリカン・ギルト」 レーベル:Jagjaguwar / Hostess
絶賛配信中
価格:250円

<トラックリスト>
01. American Guilt

※ニューシングル『American Guilt』配信スタート!
http://smarturl.it/ezmfmk

Short Biographyショート・バイオ ニュージーランド出身のルーバン・ニールソンを中心に、ポートランドを拠点に活動するサイケデリック・ポップ・バンド。2011年に<Fat Possum>からデビュー作『アンノウン・モータル・オーケストラ』をリリースすると、欧米メディアで軒並み年間ベスト入りを果たすとともに、グリズリー・ベア、ガールズらとのツアーに帯同し、着実にその人気と知名度を積み上げる。2013年、ボン・イヴェールやダイナソーJr.を擁する<Jagjaguwar>よりセカンド・アルバム『II』を発表。インディー・ロックの枠を超え、サイケデリアからソウル、ファンクまで、様々なジャンルからの影響を融合し生み出されるユニークなスタイルで高評価を獲得し、同年Hostess Club Weekenderにて初来日。2015年に4人編成となりこれまででもっとも実験的な新作『マルチ・ラヴ』をリリース。2017年2月には待望の再来日公演を開催した。

あなたにおすすめ