最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

【ドバイ紀行その4】砂漠の国あるある そこが知りたいドバイのウソ・ホント(その1) テロは? 豚肉は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
~ 実は誤解もいっぱいのドバイに関する思い込み ~

今回のドバイへの取材旅行で、この国に対するたくさんの誤った思い込みがあったことに気が付いた記者。やはり現地に足を運んでみないとわからないことだらけですね。自分の目で耳で確かめたことをお伝えしたいと思います。

■“はるかに遠い”アラビア湾の国 → 誤解です

エミレーツ航空では成田・羽田・関西から毎日ドバイ行きの直行便が飛んでおり、深夜出発でドバイには朝到着となるため時間が有効に使えます。時差は日本よりマイナス5時間。往路は11時間ちょっとのフライトで、今回の復路は成田行きのエアバス380でしたから揺れ知らず。10時間もかかりませんでした。

■テロのターゲットになりそうで怖い → 大丈夫、誤解です

実際に出かけてみて、世界でこれほど治安のよい国も珍しいのではないかと感じました。事故や火事(漏電が主な原因)こそ起きても喧嘩、紛争、暴動、犯罪といったニュースはまず聞かないとのこと。街は隅々まで大変な数の防犯カメラが設置され、常に警察の監視下にあります。そのせいか、まれに犯罪が起きても犯罪検挙率は100%に近いそうです。

裕福そのもののUAE人は日々の暮らしに大満足で、この国で働いている外国籍の人々も自国より優遇された労働条件と高い報酬に満足。砂漠体験ツアーでお世話になったドライバーさんはパキスタンからの出稼ぎだといい、「誰もがドバイで働いているということを誇りに感じ、真面目に働いているよ。ヘタなことをして国外追放になるよりドバイにずっといたいしね」と話してくれました。頑張る人にはそれに見合った報酬をという労働環境、豊かな暮らし、治安の良さと安全、行き届いた医療、教育、発達した交通事情などを考えると、ドバイの人々の心には、テロリストをはじめ危険分子の最大の動機となっている社会に対する強い不平、不満、苛立ちなどが生じにくいのではないでしょうか。

まだまだ発展するドバイ・マリーナ。たくさんのヨットやモーターボートが停泊していました。

■ドバイに旅行するのは富裕層や新婚さん → 誤解です

記者も実はハネムーナー、富裕層、女子旅向けだと思っていましたが、実際に訪れてわかったのは学生の旅行、卒業旅行、一人旅、ファミリー、元気なシニアグループ、シニア夫婦の浪漫旅行、ドバイは誰もが存分に楽しめる観光地だということです。超セレブな旅でなければ満足できないという方には惜しみなく大金を落として頂くためのホテルもありますが、5つ星のラグジュアリーなホテルが良心的なお値段で泊まれるほか、エコノミー&デラックスタイプのホテルもたくさんあります。ネットで検索してみて下さい。意外にも低予算で気軽に出かけられる先であることがおわかりいただけるはずです。

また、有名なホテルには腕の良いシェフやパティシエを世界中から引っ張ってきた評価の高いレストランが多数入っています。宿泊ホテルはあまり気張らず、お食事だけは店やロケーションにこわだって…というのもグッドアイデア。ハイレベルなグルメ旅行になることでしょう。

■とても広そう。観光スポットを回り切れないのでは? → 誤解です

ドバイは埼玉県ほどの面積で、なおかつ1つの観光エリアに人気スポットがコンパクトにまとまっています。空港から街が近い(ドバイ国際空港からダウンタウンまで車で約15分)、各観光エリアやスポット同士の距離が短い、これは「人気の観光地」となるための大事な要素です。個人旅行がお好きな方にはメトロもタクシーもあります。でも時間を無駄にせず効率よく回りたい、英語に自信がないということであれば、親切な日本人ガイドさんが現地発着ツアーほかをアレンジしてくれる「TRAVCO(トラフコ)」さんがおススメです。なんたってドアトゥドアはラクですから!

ちなみに現在のドバイはロサンゼルス並みの車社会となっており、片側4~5車線の高速道路が張り巡らされています。激しいクラクションや口論、暴走族のような車はまるで見かけませんが、道路標識のマークがチンプンカンプンで「レンタカーは無理」と感じました。しかも少し前までは、前の車との車間距離は10cmまでならOKという笑ってしまうような法令もあったそうですよ。

■ホームレス、すり、ひったくり、不愉快な声掛けが怖い → 誤解です

世界各地、どこに出かけても空港界隈とダウンタウンの裏通りにはホームレスがゴロゴロという印象がありますが、ドバイではホームレスや不穏な動きをしている人をまったく見かけません。本当にクリーンなのです。「コニチワ」「ニッポンジン、アイシテル」「ヤスイヨ」。商売人からのこんな声掛けはありましたが、このたびの滞在中にそれを経験したのはゴールド・スークのみ。しかもたった一度だけでした。

■砂漠に作られた街ではトイレ事情が… → 誤解です

美しいビーチリゾートが好きで東南アジアへ出かける女性たちが急増という昨今ですが、よく聞かれるのが「トイレだけは残念…」という声です。その点ドバイはどこへ行っても清潔感100%。大理石と天然木をふんだんに使用した、写真に収めたくなるほど美しいトイレもあちこちにありました。

とても清潔好きとみえ、ドバイの街にはゴミひとつ落ちていません。ビーチに割りばしやビニール袋、カップ麺の容器が転がっている日本が恥ずかしくなります。人々に関してもそれは言えます。この国の人口の8割を占めるのは外国籍の人々ですが、彼らは入国前にB・C型肝炎やAIDS(HIV)といった各種のウイルス検査をクリアしていることを証明しなければならず、健康診断もマメに行われるそうです。また、何か病気にかかっても手厚い医療サービスが受けられるようにと多国籍の医師がクリニックを開設しています。

■子連れでドバイ旅行は? → 大正解です

バージ・アル・アラブの南東側には人気の「ワイルド・ワディー・ウォーターパーク」があります。写真だと近く見えますが、このコーナーからバージ・アル・アラブまでは400メートルも。実に広大な面積を誇るウォーターパークです。また「IMG ワールド・オブ・アドベンチャー」や「ドバイ・パークス&リゾーツ」も大人気。日本でも有名な「キッザニア」や「LEGOランド」だってあるのです。

アイススケート・リンク、世界最大の人工スキー場はもう有名ですね。ドバイには家族連れが暑さや紫外線を気にしないで遊べる屋内型の巨大テーマパークが続々とオープンしています。そして2017年の夏にはシルク・ドゥ・ソレイユの生みの親である世界的演出家、フランコ・ドラゴーヌ氏が手掛けた大迫力のライブ・エンターテインメント・ショー『La Perle』もスタートしました。

とにかく手に汗握るスリリングなショーです。詳しくは【ドバイ紀行その3】をご覧ください。

またドバイ・マリーナ地区では、高さ210メートルと世界最大規模の観覧車「ドバイ・アイ」が建設中です。今年中には完成するのではないでしょうか。骨組みはあとちょっと…頑張って下さい!

これからの時代を生き抜く日本の少年少女には、是非とも現在進行形で発展を遂げているドバイのど迫力の建築物を、最新テクノロジーを目の当たりにし、人々の創造力とイマジネーションがいかに無限大であるかを感じ取って頂きたいと思います。各種の“世界No.1”に触れて瞳を輝かせる子供たちの様子は想像するだけでワクワク。親御さんは「連れてきてよかった」と思うはずです。

■風は強い? 埃っぽい? → 誤解です

まぶしさと紫外線から目を守る意味でサングラスは持ちますが、強風で砂が舞い目に入るといったことは一度も経験しませんでした。エキサイティングな砂漠ツアー「デザートサファリ体験」に出かけた時も風ひとつない穏やかな砂丘に感動。このツアーは記者にとって人生最高の体験のひとつでしたよ。【ドバイ紀行その5】で詳しくお伝えしたいと思います。

運良くラクダにも遭遇しました! 車から撮影できます。

■アラビアンな世界は失われてしまった? → 誤解です

モスクもスーク(市場)も、「アブラ(Abra)」や「ダウ」という船も昔のまま残っており、「アザーン」と呼ばれるお祈りを呼び掛ける放送も変わることはありません。ドバイモールにもアラビアお土産やさんもこの通り。

また古き良き時代の佇まいが美しいカフェやギャラリーとして活用されているアル・ファヒディ歴史地区(バスタキヤ地区)には、アラブの人々の食生活や習慣を教わり、伝統的衣装を試着させてもらえる『SMCCU(シェイク・モハメッド文化理解センター)』があります。これはとても貴重な体験でした。

■ギャンブル禁止なのに競馬やラクダレースがある → そうなんです!

『ドバイ・ワールドカップ』レースで知られるように競馬があります。また10月~3月にかけては大勢のラクダが一斉にゴール目がけて走るキャメルレース(ラクダの競走)があります。トラックを何周もして多数のラクダたちが数キロメートルを疾走し、その背中には騎手ならぬ箱型の「ロボット・ジョッキー」が。そこに搭載されているコンピュータに指令が届くとピシャン、ピシャンと鞭が振り下ろされるそうです。

ただしイスラム教の国ではギャンブルが禁止です。ラクダにせよ競馬にせよ勝ちを競うスポーツとして存在し、人々は車から家庭雑貨品まで様々な賞品が用意されている「クジ」を購入します。

このたび見学したザ・メイダン競馬場はとても上品。ゴミひとつ落ちていない清潔な競馬場でした。毎年3月の有名な『ドバイ・ワールドカップ』レースの日、女性たちは思い切りドレスアップしてここに出かけます。

■豚肉料理はお目にかかれない → 一部誤解。ほかのお肉はてんこ盛りです

多国籍の人々が暮らし、他の宗教をも受け入れているため厳密にゼロということはないようですが、やはりイスラム教徒の国ですから「豚肉料理は出さない」というレストランがほとんどのようです。でも豚でなければ…ということはないはず。ドバイでは鶏肉、牛肉、羊肉、それにスズキをはじめ魚を使ったとても美味しいお料理を存分に楽しむことが出来ました。子羊だってほら、この通り…!

ただ、麻婆豆腐でも酢豚でも中国料理は豚肉を用いてこそ美味しいものなのでしょう。そのせいか、ドバイ滞在中に中国人観光グループと遭遇することはあまりなかったような気がします。

■気温がかなり高い → 一部誤解です

ドバイ旅行のベストシーズンは10月~3月。日本の初夏か秋のような気候となるそうです。夜間は摂氏15度を切ることもあり砂漠の夜は寒いくらい。また通年どこも冷房がよく効いており、歩道橋ですらエレベーターの中が涼しいことには驚きました。上に羽織るものが必ず必要です。ちなみにドバイには日本の「暖房器具」に相当するようなものがないとのこと。砂漠ツアーなどで体が冷えてしまった場合、暖を取れるのは車の中だけだとガイドさんは苦笑しながらおっしゃっていました。ところで暑い観光地に出かけるということは、スーツケースが軽くて助かるということ。お土産をいっぱい買って詰められますからモノは考えようです。

取材協力:ドバイ政府観光・商務局

(TechinsightJapan編集部 Joy横手)

外部リンク(テックインサイト)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

海外最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス