最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

雪国に比べて手薄な首都高の大雪対策。問題はほかの高速道路と違う方針?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


1月22日に首都圏を襲った豪雪では、各所でクルマの立ち往生が続発したが、なかでも首都高山手トンネル外回りでは、脱出まで10時間という大渋滞が発生した。

原因は既報の通り、午後7時頃、西新宿JCTの上り坂をトレーラーが上れなくなり、道を塞いでしまったことが主因だが、当日の午後7時と言えば、すでに都心の積雪は20cmに迫ろうとしていた。いったいなぜそんな時間まで、チェーン規制や通行止めを実施せず、手をこまねいていたのだろう。

「首都高速道路としては、交通を円滑に流すことを第一に考えておりますので、できるだけ通行止めは行わないようにしております。そのために、融雪剤を撒くなどの対策を取っております」(首都高速道路株式会社広報室)

首都高を走るクルマは大部分がノーマルタイヤのため、雪用タイヤ&チェーン規制は難しいとも。

確かに首都高は用地に余裕がなく、NEXCOの高速道路のように料金所手前でノーマルタイヤ車をUターンさせるようなスペースはない。実質的なチェーン規制が難しいのは確かだが、入口にチェーン規制等を表示するだけでも、かなりの流入抑止効果はあるはず。同様に、入口閉鎖への表示切替も簡単にできる。そもそも、「なるべく通行止めは行わない」という方針そのものを見直す必要があるのではないか?

それについて首都高は、「今回の対応が正しかったのか、これから検証を行います」とのことだった。

個人的には、大雪の際に首都高に乗るのは自殺行為と考えている。これまでの例を見ても、大混乱に巻き込まれる可能性が大だからだ。首都圏の一般道なら、たとえ立ち往生しても、コンビニもあるしトイレもある。しかし、首都高ではどうにもならない。大雪が降ったら首都高は避けるのが、ドライバーとしての最低限の自衛だ。

ちなみに今回、山手トンネル内で立ち往生したクルマの乗員の多くが、トイレに行くためクルマを降り非常口へ向かったが、非常扉の内側にはトイレはない(内部にトイレを用意したら、危険なトンネル内路肩停車を招く可能性大)。外へ出て、コンビニ等を探す必要がある。また、地上への出口は、中からは脱出できるが、外からは開けられない構造になっている。つまり一旦外へ出たら、偶然中から誰かが開けてくれない限り、クルマに戻ることもできなくなる。

もうひとつの疑問は、大雪後に多くの路線で、通行止めが続いたことだ。大雪が降っている時はあれだけ通行止めを避けていたのに、雪がやんだ途端、延々丸2日近く通行止めが続くというのは、対応があまりにも後手に回っている印象を抱いてしまう。

ただ、これについては事情がある。首都高には路側帯がなく、雪はすべて“除去”しなければならない。つまり、ブルドーザー等でダンプカーに積んで運び出す必要があり、そのため一旦大雪が降ると、除雪に時間がかかってしまうのだ。

首都圏は雪が少ないため、除雪態勢そのものも、雪国に比べるとはるかに手薄。除雪に使える車両の用意も少ない。

そう言えば、運び出した雪はどこに捨てるのだろう。東京湾か?

「いえ、高架下など弊社用地に置いています」(首都高速道路株式会社広報室)

そんなに空き用地あったっけ、と思ったが、雪の置き場所に関しては問題はないという。いずれにせよ、首都高での長時間の立ち往生は、乗員に大きな苦痛を与える。ドライバー側も自衛を心がけるべきだが、首都高側も、今後は早期の通行規制を検討していただきたい。

取材・文・写真/清水草一

【清水草一】

1962年東京生まれ。慶大法卒。編集者を経てフリーライター。『そのフェラーリください!!』をはじめとするお笑いフェラーリ文学のほか、『首都高速の謎』『高速道路の謎』などの著作で道路交通ジャーナリストとしても活動中。2018年よりMJブロンディあらため永福ランプに改名。清水草一.com


外部リンク(日刊SPA!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス