最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

不器用すぎるキョドコにイライラと共感 『きみが心に棲みついた』第2話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『きみが心に棲みついた』

TBS系ドラマ『きみが心に棲みついた』第2話が23日に放送された。

初回に引き続き、吉岡里帆演じる主人公のこじらせ女子っぷりが炸裂。その姿を見た視聴者からは厳しい声と共感の声があがっている。

■これまでの『きみ棲み』


下着メーカーに勤務する小川今日子(吉岡)は、仕事熱心で評価されているが、学生時代には「キョドコ」と呼ばれるほど挙動不審な女子。

もともとの性格に加え、大学時代に先輩の星名漣(向井理)に酷い扱いを受け、今でもトラウマを抱えている。

第1話ではマンガ編集者の吉崎幸次郎(桐谷健太)に出会い、無愛想ながらも優しい性格に今日子が惹かれる一方、星名とも再会。2人の男性の間で揺れていく様子が描かれた。

■仕事で吉崎と接点が生まれる


慕っていた先輩の堀田(瀬戸朝香)のプロジェクトメンバーから外れ、星名が率いるチームに参加することになった今日子。

しかし、同じチームのデザイナーの八木(鈴木紗理奈)は今日子の企画を一蹴するばかり。

そんなある日、吉崎(桐谷健太)が取材のため会社を訪れる。担当漫画家のスズキ次郎(ムロツヨシ)の取材に同行したのだ。

吉崎が会社に来ると聞いて「ハイヒールにミニスカート」というらしくない格好で出社していた今日子。社内では話せず終いだったが、執拗に追っかけたことで吉崎におんぶしてもらうことに成功する。

■星名に未練? 自分に戸惑うキョドコ


吉崎と着々と進展しつつあると思いきや、その後、今日子は自分が未だに星名を引きずっていたとに気づくことに。

星名の歓迎会で、彼が同期の飯田(石橋杏奈)と親しげに話し、テーブルの下で手を繋いでいることを知り、ショックを受けてしまったのだ。

その夜は吉崎・スズキとの約束があったのだが、キョドコはそれをドタキャン。仲睦まじい星名・飯田の様子に我慢できず、雨の中、2人が乗ったタクシーを追いかけてしまう。

今日子は来ないと思い、諦めた吉崎とスズキ。しかし、その目の前にびしょ濡れになった今日子が現れ、「私やっぱり変われません」「(星名との関係を)終わらせたくないんです」と叫ぶのだった。

■キョドコにイライラする人たち


不器用で挙動不審な今日子の様子を見て、イライラしてしまった視聴者も少なくなかった様子。






■キョドコに同情する声も


一方で、「親戚に会わせたくないため、いとこの結婚式に呼ぼうとしなかった」という母親との不健全な関係性が描かれたこともあって、今日子に同情する声も増えてきている。









一挙手一投足が面倒に思えるキョドコだが、自分とどこか重なる部分がある人にとっては、理解できる部分も少なからずあるのかもしれない。

■人前で話すのが苦手な人は半数


しらべぇ編集部では以前、全国20~60代の男女1,362名を対象に「人前で話すことについて」の調査を実施。その結果、49.9%の人が苦手だと回答をしたのだ。

(©ニュースサイトしらべぇ)

30代が、6割近くと一番多いことがわかった。また、年代が上がるにつれて減少する傾向も。長く生きているうちに、回数を重ねて慣れてくるということなのだろうか。

第2話では、3歩進んで4歩下がってしまった感もあるキョドコだが、今後も前に進んでいけるよう応援していきたい。

《これまでに配信した『きみが心に棲みついた』記事一覧はこちら

・合わせて読みたい→若者の半数以上が「人前で話すのが苦手」 なかには過呼吸になりかける人まで

(文/しらべぇドラマ班・ガガ イラスト/ミキシマ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年11月25日~2016年11月28日
対象:全国20代~60代の男女1,362名 (有効回答数)

外部リンク(しらべぇ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス