彼が複雑な気分になってしまう「彼女の持ち物」4選

愛カツ

2018/1/24 15:00


うまくいっているカップルの間には「言ってはいけないこと」がないといいます。
つまり、彼女がヤバそうなものを持っているとき、彼は「それなに?」と率直に彼女に聞いている(彼女のほうも素直に答えている)ということです。
が、それでも聞くに聞けないものを彼女が持っていたら、彼は複雑な気分になるものです。
今回は、彼が複雑な気分になってしまう彼女の持ち物に迫ります。
さっそくご紹介しましょう!

彼女の持ち物

■ 1:高校時代の写真

「彼女の高校時代の写真を見てしまいました。彼女が自分のスマホで写真を見せてくれているとき、いろんな写真の中に、偶然1枚だけあったのです。高校時代の彼女はすごく美人さんで、複雑な気持ちになりました」(28歳・通信)
この場合の「複雑な気持ち」とは、こんなに美人な女子高生だったのであれば、彼女は自分よりもたくさんの異性と交際してきたのだろうか? とか、初体験は何歳だったのだろうか? とか、そういうことですよね。
まぁ、彼にしてみれば聞くに聞けないでしょうし、「初体験は*歳でした」なんて、女子のほうも素直に言えなかったりもしますよね。

■ 2:元カレからのプレゼント

「元カレからのプレゼントを見てしまったとき、彼女は正直に『元カレがくれたの』と言いましたが、なんか複雑な気分です」(27歳・IT)
元カレや元カノからもらったプレゼントを大事にしている人の中には「ものには罪はない」という言い方をする人もいます。
ホントにものには罪はないと思っているのか、元カレ・元カノのことが今でも好きなのか……いろんな詮索をしてしまいますよね。

■ 3:彼氏以外の男

「先日、ぼくの彼女は、ぼく以外の男と街を歩いていました。ぼく以外の男を持っているなんて!」(28歳・教材販売)
「本命の彼氏以外の男」という「彼女の持ち物」を見てしまえば、当然、彼氏の心中は穏やかではないはずです。
たとえ「ごはんに行こうと100回くらいしつこく迫ってきた男で、その人は仕事関係の人で、エッチなことはなにもない」と彼女が言い張っても……。

■ 4:婚姻届

「雑誌の付録の婚姻届を、彼女の部屋で発見しました。複雑な気分です」(25歳・飲食)
無言のプレッシャーを怪しく放ちながら存在しているもの、それが彼女の部屋にある婚姻届なのでしょう。

■ いかがでしたか?

いろんな複雑な思いを乗り越えつつ、愛は育まれます。
どんどん彼を複雑な気分にさせちゃってみてはいかがでしょうか。
愛するとは「育むをする」ということです。日本語がヘンですが。(ひとみしょう/ライター)

(愛カツ編集部)

あなたにおすすめ