ホンダ 北米国際自動車ショーで新型ハイブリッド「インサイト」プロトタイプを世界初披露

オートプルーブ

2018/1/24 12:00

ホンダの米国現地法人であるアメリカン・Hondaモーターは、2018年1月14日~28日に米国ミシガン州デトロイトで開催されている2018年北米国際自動車ショーで、新型ハイブリッドセダン「インサイト」のプロトタイプモデルを世界初披露したことを発表した。

インサイトは1999年に米国で初のハイブリッドモデルとして発売された。今回、プロトタイプモデルを公開した新型インサイトは、その初代から数えて3代目となるハイブリッド専用モデルだ。

インサイトは初代こそ実験車的な2人乗りの2ドアクーペだったが、2代目からは4ドアで5人乗りのハッチバックセダンとされた。そして新型についても、ホンダのセダンラインアップにおいては、2017年に米国での販売台数の記録を更新し販売好調の「シビック」の上位機種という位置付け。スタイリッシュなセダンスタイルと、上質でゆとりのある室内空間を備えた、5人乗りセダンとして開発された。

高効率な1.5Lアトキンソンサイクルエンジンと、革新的な2モーターハイブリッドシステム「スポーツ ハイブリッド i-MMD」の組合せにより、力強く上質な走りと高い燃費性能を実現。また、先進の安全運転支援システム「Honda センシング」も採用されている。

新型インサイトは、米国・インディアナ工場で生産され、2018年夏に米国での発売が予定されている。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス