分かりづらっ!優しい脈ナシ男が遠回しに言うセリフ

愛カツ

2018/1/24 12:00


「いいな」と思う彼が現れたら、自分は恋愛対象外なのかどうか気になるところですよね。そっけない、反応が薄い、なら脈ナシだとうすうす分かりますが、中には優しさゆえ、はっきり表現してくれない男性もいます。そんな場合は分かりづらいので、いつまでも脈ナシに気づかない、ということも。それは避けたいですね。
優しくて、他人にそっけなくできない彼の脈ナシはどこで見分ければいいのでしょうか。
今回は、優しい脈ナシ男が発する遠回しなセリフについてご紹介します。

これって社交辞令?

■ 優しく「今度ね」

こちらの誘いに「うん、今度ね」「今度行こう」と、なにごとにも「今度ね」と言う。ノリは悪くないようですし、いったんはOKしてくれたのかと思いますよね。でもそれだけで具体的な話にはなりません。そうするうち「忘れているのかな」と、また誘ってしまう。そうすると、また「そうだね、言ってたね」とあいまいな返事。モヤモヤしますよね。でもこれは、はっきり言ってしまうと女性が傷つくのであいまいに言っているのです。「今度ね」と先送りにするのは悪いなと思いつつ“今度の時期”が来るまで、そのうちに忘れてくれればいいな……とも考えています。

■ 笑顔で「紹介するよ」

優しい男性ですから、脈がない女性をシャットアウトできません。だからその代わりに、ほかの男性を紹介してきます。「あてがう」と言うと聞こえが悪いですが、その男性に心が移ってくれればホッとしますし、うまくいってくれればうれしいのです。
そして、紹介する男性は女っけのない男性というわけではなく、それなりの男性のことが多いです。
その男性のほうに行ってほしいので、自分よりいい男だったり、魅力的だったりします。積極的に勧めてきたり、場を設けたり。「だれか女性を紹介してよ」というパターンもよくある脈ナシサインですが、このように自分の仲間を紹介するパターンもあります。

■ 真面目な顔で「今は恋愛はしない」

「当分の間、彼女はいらない」「今は恋愛どころじゃない」も同じ意味です。そう言っておくと、それ以上踏み込ませないようにできますし、言われたほうはなんとなく「忙しいのかな」「まだ昔の恋を引きずっているのかな」と納得します。
まさか「君に脈はない。でもほかの女性にはある」とはさすがに言えませんし、そんなひどい面を見せたりできません。だから「恋愛自体をしない」と言っておけば万事うまくいくのです。

いかがでしたか。
優しい男性は、世の中でよく言われている脈ナシのサインは出せません。それは罪悪感や、かわいそうな気持ちがあったり、冷たい男だと思われたくない、などが入り混じった感情があるからです。
女性からすれば傷ついてしまいますが、はっきりサインを出してくれたほうがこちらも分かります。
どうしても気づきにくいサインだと「この子、鈍いな。繊細じゃないな」と嫌われてしまうこともあるので注意してください。
恋は猪突猛進、というわけにはいきません。周りの様子を見て、彼の細かいところも見る。
相手の心を読む、感情を読み取る力がいります。自分のことばかり考えずによく観察力を磨くと、恋がうまくいく力がつくと思います。(たえなかすず/ライター)

(愛カツ編集部)

あなたにおすすめ