最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

モンスターハンター新モンスター「屍套龍ヴァルハザク」世界初公開!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 1月21日にAbemaTVで放送された「モンスターハンター:ワールド4時間生放送で一狩りいこうぜSP!」において、本作にて新登場となるモンスター「屍套龍ヴァルハザク」の映像が世界初公開された。


司会のお笑いコンビ麒麟・川島やゲストのCHEMISTRY・堂珍ら出演者が盛り上がる中、ヴァルハザクの狩猟がスタート。最初に皆を驚かせたのは、麒麟装備をまとった女性ハンターのセクシーな姿だった。「ゲームショウに行けば、このコスプレの人とかいますよね」とお笑いコンビ・次長課長の井上が発言すると、周囲からは一斉に同意の声が挙がった。

おそろいの麒麟装備を身につけたオトモと共に、ヴァルハザクが潜むフィールド「瘴気の森」を突き進む女性ハンターを操るのは、「モンスターハンター:ワールド」のディレクター・徳田優也氏。徳田氏から「瘴気の森」にはモンスターの骨や死体が散らばっていると聞かされた一同からは「地獄みたいなところだ」「危ない土地だな」との声が。

すると、ヴァルハザクを目指すハンターの前に、「エメラルドカブトガニ」という小さな生き物が姿を現わす。徳田氏の口から「圧倒的初公開な、地味にかなりレア」な生き物であることを聞かされた出演者たちからは感嘆の声が漏れた。

やがてハンターの目の前にモンスターの死骸の山が現れると、周囲に生息していた小型モンスターに囲まれるハンターだったが、不意に死骸の山が揺れ、小型モンスターたちは次々倒れていった。死骸の山の下から咆哮と共に巨大な姿を現わしたヴァルハザクを見た登壇者たちは、一斉に「うわー!」「えー!?」と驚きの声を挙げた。

半ば肉体が腐り落ちたような異様な風体に気づいた出演者たちからは「これ何!?」「まるで骨みたい」とその不気味さを指摘する声が飛び交った。

強烈なブレスや自己強化能力など、その能力の一端は明かされたが、残念ながら番組中では討伐は果たされなかった。「モンスターハンター:ワールド」は1月26日発売予定となっている。腕に自信のあるハンターは、ぜひ自力でのヴァルハザクの討伐に挑んでみるといいだろう。

(C)AbemaTV

▶『モンスターハンター:ワールド』4時間生放送で一狩りいこうぜSP!

外部リンク(AbemaTIMES)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス