最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

志尊淳インタビュー トランスジェンダーからホスト役まで「求められる役者になりたい」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 現在、ドラマ「女子的生活」(毎週金夜10.00NHK総合)に主演し、「トドメの接吻」(毎週日夜10.30、日本テレビ系)に出演中の志尊淳。’17年はドラマ4本、舞台1本に出演し、映画も4本公開され、大忙しの一年となった。

「’17年は『植木等とのぼせもん』(NHK総合)などでベテランの方と共演させていただいて、俯瞰から見た考えで演じることができるようになったように感じます」

中でも大きな影響を与えたのは、白井晃演出の主演舞台だった。

「“殻を破れ”と言われたのですが、自分の限界値を超えていかないと見えない境地でした。稽古や本番で追い込んでもらうことで、不要なプライドや恥じらいを捨てないといけないということを感じられたことは大きかったと思います」

そうした経験を積み、’18年は2本のドラマからスタート。

「新年から2つの作品に携われていることがすごい光栄です。『女子的生活』では、トランスジェンダーのみきを演じましたが、自分と重ねて考えられるほど僕には経験値がない。だから、みきという象徴をつくり上げました。ご指導くださった西原さつきさんも、理想の女性像を演じることで周囲から女性として見られる瞬間があるということだったので。しかし、ただ完璧な女性に見えればいいかというとそれもまた違う。未知の世界だったので、正直、今でも分からない部分もあります」

みきはトランスジェンダーかつ恋愛対象は女性という複雑な役柄のため、心境を理解することは容易ではなかったはずだ。

「日常の中に性的マイノリティーに対する偏見を持った人たちが現れ、それでもみきは臆することなく前を向いて戦っていく。その裏には将来に対する不安もあって、だからこそ今を楽しんで生きていこうとしていて貪欲。みきを演じることは難しいという言葉で表せられるものでも、理解してほしいという言葉で言い表せられるものでもなかったですが、見て感じていただきたいなと思っています」

その一方、「トドメの接吻」で演じたのは、主人公の旺太郎(山崎賢人)に憧れるあまり、命を狙う後輩ホスト・和馬役。

「和馬は役割が明白なので、自分で『大丈夫かな?』と思うぐらい楽しんでます。旺太郎を裏切って第3話(1/21放送)で逮捕されましたが、今後どうなるか? 衝撃的な役ばかりですね、最近(笑)」

さまざまな役柄に挑むことができ、とにかく今は楽しいとほほえむ。

「いい作品に携わらせていただけるだけで今は十分。その中で求められる役者になりたいですね」

さまざまな作品に出演する中で、目標とする俳優などはいるのだろうか?

「目標とする人はいないですね。マネしてマネできるものではないですし、自分自身が持っているものをどう生かすか?なので、最初の段階からこうなりたいというのはありませんでした。一つ一つのお仕事を精いっぱいやらせていただく中で、周りの人に広げていただきつつ作り上げていくのが自分だと思うので。好きな俳優さんや女優さんはたくさんいますよ! その中で今、お仕事させていただきたいと感じるのは、『−のぼせもん』でご一緒した山本耕史さんと、これまでに2回共演させていただいたことのある高橋一生さんのお二人です。このお二方は人としても、男としてもかっこいい。尊敬できますし、こんな大人になりたいと思います。それにお仕事面でも家庭的な面でもお二人ともできないことがないので、つい頼りたくなるんです。あ! 僕も少しでも頼られる男になりたいですね。どの現場でも最年少で弟キャラみたいな立ち位置が多かったのですが、最近主演の作品もやらせていただけるようになったので、’18年は年下の方に淳くんに聞いてみようかなと思ってもらえる男になりたいです」

最後に、自分の中の好きなパーツについて聞いてみた。

「パーツですか? うーん。みきを演じて、自分って結構美脚なんだなって思いました(笑)。撮影でもどんどん脚を出していこう、ショーパンはこうとなったので。自分でも…“いい感じ?”って(笑)。唯一思えるパーツですね」

では、女性のパーツで好きな部分、つい見てしまうのは?

「手を見ちゃいます。女性の手って男性と違うし、人によって表情が違うというか。物を取るときのちょっとした所作に色気が出る人もいるし、その人自身も出ると思うので目で追っちゃいますね」(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/134611/

外部リンク(ザテレビジョン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス