最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

ゲス極・川谷絵音、小室騒動で「病的なのは国民」発言に世間が一斉反発!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最近見なくてせいせいしてたのに、飛んで火に入る真冬の炎上?

看護師との不貞疑惑を文春砲によってさらされ、まさかの引退宣言にまで追い込まれたのは小室哲哉。そんな小室哲哉の騒動を受けて、しゃしゃり出てきたのが、ご存じベッキーとの不貞で大ブレイク、センテンススプリングの申し子、文春砲の生みの親(?)と言っても過言ではない、「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音。その川谷が1月19日、小室引退をうけ、自身のツイッターで世間を猛烈批判したことが波紋を呼んでいる。

「川谷は小室が不貞報道の責任を取る形で引退宣言をしたことに、同じミュージシャンとして異を唱えたかったのか『病的なのは週刊誌でもメディアでもない。紛れもない世間』と、まるで悪いのは不貞した本人ではなく、それを騒いだ世間の人たちだとツイート。しかも“病的”という攻撃的な表現でした。これには一部からの賛同はあるものの、世間の多くは激怒し、あきれています。《病的なのは次々に女を口説くミュージシャンのほう》《あなたたちの不貞に興味ある人間はごく一部だけ》《自意識過剰な芸能人らしい発言》《うちらは相撲も不貞も興味ないけどwww》など、川谷の力みに失笑するようなコメントが多数。とはいえ、川谷のツイートが取り上げられることで、本人が勝手に溜飲を下げていることにも気分が悪くなる人が多いようですね」(女性誌記者)

小室の「介護疲れ」は事実かもしれないが、これまで数多くの女性たちをさながら“ちぎっては投げ”と翻弄してきたのも事実。川谷もベッキーとの不貞後にも懲りない浮名を流している。片や何食わぬ顔で活動中、片や突然の引退宣言。対応こそ正反対ではあるが、結局、似たもの同士ということか!?

(飯野さつき)

外部リンク(アサ芸プラス)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス