最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

ゴージャス・ジョージ 豪華なジョージは“時代の子”――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第2話>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


テレビ――第二次世界大戦後のテレビ・ブーム――が生んだ最初のスーパースターである。

日本ではテレビ=メディアが力道山という戦後の国民的スーパースターを誕生させ、プロレスの人気がテレビを一般家庭に普及させたといわれているが、アメリカでも1940年代の終わりから1950年代前半にかけてのテレビ創成期の人気番組はプロレスだった。

開局したばかりのニューヨークのCBS、シカゴのABC、ロサンゼルスのWNBTといったテレビ局がこぞってプロレス番組を制作。アメリカじゅうにプロレス・ブームを巻き起こした。

“映画の都”ロサンゼルスのハリウッド・リージョンから全米中継されていたプロレス番組の主役がゴージャス・ジョージだった。

ジョージは“時代の子”としてブラウン管に登場した。モノクロの画面のなかでもキラキラと光るプラチナ・ブロンド、大きなウエーブのかかった髪とその髪をまとめる無数のボビー・ピン、金と銀のスパンコールがちりばめられたロングガウンが“豪華なジョージ”のトレードマーク。

バトラー(執事)がリング上に香水“シャネルの10番”(シェネルの5番の2倍の効きめ)をふりまき、女性マネジャーがバラの花を観客席に投げ込むといったこまかい演出のひとつひとつがジョージの定番の入場シーンになっていた。

ニックネームは“トースト・オブ・ザ・コーストThe Toast of the Coast=西海岸の人気者”と“センセーション・オブ・ザ・ネーションThe Sensation of the Nation=国民的センセーション”。

トーストとコースト、センセーションとネイションの語感がアメリカ英語独特のライムrhyme=韻になっていて、これが耳に残るフレーズとして親しまれた。

“リーダース・ダイジェスト”誌が命名したニックネームは、そのものずばり“ミスター・テレビジョンMr. Television”だった。

テレビ時代が生んだ視覚的エンターテイナーだったが、おしゃべりもひじょうにうまく、主演映画『エイリアス・ザ・チャンプAlias The Champ』が制作され、ハリウッド映画にもよく“本人役”でゲスト出演した。

入場テーマ曲は、シェイクスピアの『オセロー』第3幕第3場でのオセローのセリフがヒントになったとされるエドワード・エルガーの名曲“ポンプ・アンド・サーカムスタンス=威風堂々”。“マッチョマン”ランディ・サベージがこの曲をアダプトするのはそれから30数年後のことだった。

あのモハメド・アリも“豪華なジョージ”のプロモーション・スピーチに影響を受けた――アリが「少年時代にテレビで観た」と記憶していた金髪の悪役レスラーは、じっさいにはジョージではなくフレッド・ブラッシーだったという説もある――ひとりといわれている。

フォーク&ロックの巨匠、ボブ・ディランの回想録『クロニクルズ』のなかにも「わたしは10代のころ、ゴージャス・ジョージにインスパイアされた」という記述がある。

ジョージはジョージ・ワグナーのリングネームで14歳でデビューし、約10年間、無名の下積み時代を過ごした。身長5フィート9インチ(約174センチ)、体重210ポンド(約95キロ)という体格はアメリカのプロレスラーとしてはかなりちいさいほうだった。

日本的(和製英語)な表現を用いれば、この時代のストロング・スタイルの代表がルー・テーズで、ショーマン・スタイルの代表がこのジョージだった。

ジョージは“鉄人”テーズといちどだけで対戦し、NWA世界王者テーズがボストンAWA世界王者ジョージを下し、世界王座を統一した(1950年7月27日=シカゴ)。

1950年代前半のテレビ・ブームが終わったあともジョージは現役選手として活躍し、ロサンゼルスでおこなわれたザ・デストロイヤーとの“ヘアーVSマスク”の因縁ドラマでは、敗者ジョージがリング上でご自慢のプラチナ・ブロンドをバリカンで刈られ丸坊主にされた(1962年11月7日=オリンピック・オーデトリアム)。

これが“豪華なジョージ”の事実上の引退試合だった。残念ながらいちども日本のリングには登場することなくこの世を去った。

●PROFILE:ゴージャス・ジョージ Gorgeous George

1915年、ネブラスカ州ボイド郡ビュート出身。本名ジョージ・レイモンド・ワグナー。得意技はサイド・ヘッドロックからのテイクダウンと前方回転式のローリング・トーホールド。1963年12月26日、心臓発作で急死。享年48。ジョージの死後、ジョージ“本人”を名乗るニセモノ、ジョージの息子、甥を自称するコピー版が何人も出現した。

※文中敬称略

※この連載は月~金で毎日更新されます

文/斎藤文彦


外部リンク(日刊SPA!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス