女性版は存在するのか? 露出狂との激ヤバ遭遇エピソード4選

しらべぇ

2018/1/24 07:30


(Photodisc/Photodisc/Thinkstock)

公衆の面前で下半身などを露出して見せることで、興奮を覚える「露出狂」。そんな趣味のない人には、理解しがたい行為であろう。

しらべぇ編集部では、全国20~60代の男女1,328名に「露出狂を見たことがある」かの調査を実施。

全体では、25.4%の人が「ある」と回答。男女間での差が、気になるところだ。

■男性から女性が一般的


性年代別では、やはりどの年代でも女性のほうが多くなっている。

(©ニュースサイトしらべぇ)

女性がたくさんいる場所を狙って、露出をする者もいる。

「駅から学校までの道を出しながら歩く人は、校内でも有名だった。女子校だったから、ターゲットにされてたんだと思う」(20代・女性)

また、いかにも露出狂というタイプに遭遇した女性も。

「ロングコートを開いて見せてくる、ものすごくベタなのに遭遇したことがある」(30代・女性)

■横目で見る男性も


男性の目撃談も、いくつかある。そのほとんどは、女性に見せつけている男性の話だ。

「電車で斜め前に立っているおじさんが、出していた。たぶん、隣に座っていた女の子に見せていたんだと思う。その子が次の駅で降りたら、隠してたから」(20代・男性)

学校の近くには、変質者がよく出没する。

「中学のときに、教室から顔出す女子に対して見せてるのがいた。ただ共学だから、男もめっちゃ見てたけど。そんなのでも、やるほうは楽しいのかな?」(30代・男性)

■女性の露出趣味はないのか?


これまで登場しているのは、すべて男性である。調査の結果を見ても、男性に見せつける女性はかなりの少数派といえるだろう。

「ネット上に素人がアップした、女性の野外露出の画像がたくさんある。少数ではあるけど、そんな趣味がある女性もいるのでは? 男の趣味に、影響される子も多いだろうけど」(30代・男性)

もし、露出趣味のある女性が目の前に現れたら、男性はどのような気持ちになるのだろうか。

「嬉しいよりも、怖さが勝つと思う。大っぴらに見せられても、いやらしさはない。それこそ、チラリズムくらいでないと」(20代・男性)

露出狂には、見られることによって快感を覚えるタイプと、相手の反応を楽しむタイプがいるという。どちらにせよ、犯罪であるのには間違いがない。

・合わせて読みたい→ブスは露出狂? おぎやはぎも驚愕の「ハロウィンで見たブス」があるある

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年11月17日~2017年11月20日
対象:全国20代~60代の男女1,328名 (有効回答数)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス