頑張りすぎはNG! 美しくあるためのリラックス方法3つ




最近、リラックスするための時間は持てていますか? 意識してゆったりとした時間と環境を作り、毎日頑張っている自分にご褒美タイムを与えてあげましょう。心も体も解放された心地良い時間は、美しい体と健康的なメンタルを保つために欠かせません。
ということで今回は、簡単かつ効果的なリラックス方法を3つご紹介します。

1. すっぴんでいる



毎日の身だしなみのひとつにメイクがあります。「あぁ、面倒……」と思うこと、ありますよね。そんなときは無理せずすっぴんでいましょう。お仕事で難しい方は、いつもより少し手抜きメイクをしたり、マスクを活用してみるのもオススメです。
私たちがときに仕事や学校を休むことが必要なように、お肌にもお休みの日が必要なのです。すっぴんでいると、自然とリラックスできるもの。とはいえ、UV対策や保湿対策などスキンケアは怠らずに。

2. 締め付けない下着をつける

ボディラインをキレイに見せるために補正下着は重要ですが、ときには体を締め付けない下着でリラックスしましょう。お休みの日などはブラジャーではなくパッド内臓のキャミソールを着用したり、またお家の中ではノーブラであってもいいでしょう。
ショーツもそけい部を締め付けず、はいているのを忘れるぐらいのものがオススメ。素材も肌触りが良いものを選べば、リラックス度はさらにアップします。

3. 何にもしない日を作る



今日は何もやりたくない、と思うことってありませんか? そんなときは体の声に耳を傾けて、従ってあげましょう。ポイントは、とことん何もしないことです。中途半端に何かをやってしまうと結局リラックスできず、逆に疲れてしまったりすることも。おうちでゴロゴロ過ごしたり、好きなテレビや映画を観たりと、家事も仕事もお休みにする日を作って、甘えサボることもときには必要です。
それが難しいようなら、普段の生活の中でちょっと手抜きをしてみましょう。例えば定時でまっすぐ帰る、帰ったら何もしない、など。ご家族がいる方は、家事をパートナーにお願いして協力してもらったり、食事はできあいを購入する、外食に出かけるのもひとつです。
この際に大切なのは、罪悪感や自己否定感を抱かないことです。「申し訳ない」「全部できない自分はダメだな」などと思ってしまったら思考をストップ! 「いつも頑張っている私、お疲れさま。良く頑張っているね」と自分に声をかけてあげましょう。そしてとことん何もしない時間を楽しみ満喫しましょう。毎日を元気でいきいきと過ごすには、充電時間は欠かせないのです。

あなたにおすすめ