最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

出産 

死亡後に棺桶の中で33歳女性が出産 葬儀会社スタッフが発見(南ア)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
南アフリカで突然死した5児の母親。しかし葬儀の前日になって葬儀会社スタッフが棺桶の中を確認すると、死亡したはずの母が出産しており、その事実に仰天した。『Times LIVE』『Mirror』『The Sun』などが伝えている。

南アフリカ東ケープ州ムビザナの近くにある小さな村ムサイシ(Mthaysi)で、5児の母親である33歳のノンベリーソ=ノマソント・ムンドイさん(Nomveliso Nomasonto Mdoyi)が死亡した。

ムビザナにある葬儀会社「リンドクル(Lindokuhle)」のスタッフは、ノンベリーソさんが死亡して10日後の葬式の前日、棺桶の中を見て驚愕した。ノンベリーソさんの脚の間に胎児がいたのである。死亡時、妊娠9か月だったノンベリーソさんは、死後に出産したようだ。この事実に大きなショックを受けたスタッフのフンディル・マカラナさん(Fundile Makalana)は、このように話している。

「ショックと同時に驚愕しました。私は20年以上この仕事をしていますが、亡くなった女性が出産したという話は聞いたことがありません。驚いて子供の性別を確認するどころではありませんでした。」

ノンベリーソさんの家族も、この事実に大きなショックと悲しみを露わにした。ノンベリーソさんの母マンドザラ・ムンドイさん(Mandzala Mdoyi)はメディアにこのように明かしている。

「娘は突然、呼吸困難に陥り亡くなりました。娘が死んでしまったというだけでも相当なショックなのに、死後10日間の間に子供を産んでいたなんて更にショックです。」

家族の悲しみの中、ノンベリーソさんと子供の遺体は1月13日大きな棺に入れられ埋葬された。亡き後に出産するということについて、専門医は「遺体の腹腔内にガスが蓄積し、その圧力によって子宮から胎児の遺体が体外に押し出された“棺内分娩”の可能性がある。また死後に筋肉がいったん弛緩し、その後硬直することも関係しているのではないか」と見解を述べた。

このニュースを知った人々からは「なんて悲劇」「稀だけど遺体が出産したというニュースは前にも聞いたことがある」「葬儀会社の人たち、確かにこれは相当驚いただろうね」「こういう悲しすぎるニュースは報道せずに故人の家族で留めておくべきでは」といった声があがっている。

画像は『Times LIVE 2018年1月18日付「Dead woman ‘gives birth’ in coffin」(Image: Thinkstock)』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

外部リンク(テックインサイト)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

海外最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス