広瀬すずが誘拐!瑛太も本格登場『anone』第3話あらすじ

テレビドガッチ

2018/1/24 05:00

広瀬すずが主演を務めるドラマ『anone』(日本テレビ系、毎週水曜22:00~)の第3話が、1月24日に放送される。

本作は、ドラマ『Mother』『Woman』という二つの感動作を手掛けた坂元裕二が5年ぶりに日本テレビで脚本を務める3作目のオリジナルドラマ。「生きることの意味とは?」「人が生きる上でほんとうに必要なものはなにか?」を人々に問いかけ、真実の人間愛を見つけていく物語が展開する。

広瀬が演じるのは、家族を失い社会からもはぐれてしまい、生きる方法さえ見失ってしまった少女・辻沢ハリカ。清掃のアルバイトをしながらネットカフェに寝泊まりしており、スマホのチャットゲームの中だけで会える闘病中の“カノン”と他愛ない会話を交わすのを楽しんでいた。

そんな中、ハリカは老齢の女・林田亜乃音(田中裕子)と出会う。亜乃音が捨てようとしたお札の通し番号が全て同じだったことを指摘するハリカに、亜乃音はそれがニセ札であることを認めるが、作ったのは亡くなった夫・京介(木場勝己)で自分は印刷機の使い方さえ知らないと告げる。

一方、医者から半年の余命宣告を受け、自らの命を断とうと決意したカレー屋の店主・持本舵(阿部サダヲ)は、店を畳もうとしていた矢先、来店してきたずうずうしくも謎に包まれた客・青羽るい子(小林聡美)と意気投合。一緒に死ぬ決意を固めた中、海岸で大量のお札を一斗缶の中に放り投げ豪快に燃やす亜乃音の姿を発見し、それを裏金だと思い込むのだった。

第3話では、亜乃音の金を狙い、るい子と舵が林田印刷所へ空き巣に入る。しかし、鉢合わせたハリカに騒がれ、とっさに誘拐してしまう。ハリカを拘束したままカレーショップに戻ってくるが、そこにはなんと会社の上司に拳銃を発砲し逃走中の西海(川瀬陽太)が潜伏していた。ハリカを亜乃音の娘だと思い込む舵の話を聞いた西海は、ハリカをだしに亜乃音から身代金を取ろうと言い出す。

一方、荒らされた自宅を見た亜乃音は、ハリカの仕業と思いつつも少しだけ打ち解け合い弾んでいた心に寂しさを感じる。そんな中、亜乃音の元を、かつて林田印刷所の従業員だった中世古理市(瑛太)が訪ねてくる。理市が久々に工場に現れたのには、“ある目的”があって……。

あなたにおすすめ