最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

“最低映画”最多候補に「トランスフォーマー」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トランスフォーマー/最後の騎士王」が、ゴールデンラズベリー賞で最多9部門でのノミネートとなってしまった。ハリウッド映画の中で“最低の作品”を選出する同賞は通称ラジー賞としても知られているが、同作は最低作品賞を含むほとんどの主要部門に名が挙がっている。

最低作品賞にはマイケル・ベイ監督による同作のほか、「ベイウオッチ」「絵文字の国のジーン」「フィフティ・シェイズ・ダーカー」「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」などがノミネート。

「トランスフォーマー」からはマーク・ウォールバーグが最低男優賞、アンソニー・ホプキンスが最低助演男優賞にノミネートされた上、マークは「ダディーズ・ホーム 2」からも最低男優賞の候補に挙がった。

マークのほか、トム・クルーズ(「ザ・マミー」)、ジョニー・デップ(「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」)、ジェイミー・ドーナン(「フィフティ・シェイズ・ダーカー」)、ザック・エフロン(「ベイウォッチ」)が最低男優賞に顔を揃えている。

不名誉にも最多ノミネートとなった「トランスフォーマー」からは、さらにローラ・ハドックが最低助演女優賞にノミネートとなったが、かろうじて最低女優賞は避けることができている。

続いて8部門ノミネートとなったのは「フィフティ・シェイズ・ダーカー」で、ダコタ・ジョンソンが最低主演女優賞の候補に挙がり、キャサリン・ヘイグル(「アンフォゲッタブル」)、ジェニファー・ローレンス(「マザー!」)、タイラー・ペリー(「タイラー・ペリーズ・ブー2!:ア・マディア・ハロウィーン」)、エマ・ワトソン(「ザ・サークル」)とその座を競うことに。

また、最低監督賞には、マイケル・ベイ(「トランスフォーマー」)、ジェームズ・フォーリー(「フィフティ・シェイズ・ダーカー」)、ダーレン・アロノフスキー(「マザー!」)、アレックス・カーツマン(「ザ・マミー」)、トニー・レオンディス(「絵文字の国のジーン」)がノミネートされている。

同式典は、アカデミー賞の前日となる3月3日に開催される予定だ。

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

海外最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス