最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

離婚後の中山美穂、バーニングで本格再始動も「辻仁成のネガキャン」に余念がないワケ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 離婚&不倫騒動を経て、現在NHKのBSプレミアムで放送されている連続ドラマ『平成細雪』に出演中の中山美穂。2015年は『FNS歌謡祭』(フジテレビ系)、昨年は月9『貴族探偵』、そして今年公開予定の映画『ママレード・ボーイ』『蝶の眠り』の2本に出演と、芸能人としては“完全復帰”し露出が増えているものの、元夫・辻仁成との関係性は、今後も改善される見込みはなさそうだ。辻に対しては世間のみならず、業界関係者からも同情票が集まっているというが……。

02年の結婚後、フランス・パリに移住していた辻と中山。しかし14年、突然離婚が報じられ、その原因が「辻の中性化」だとする記事が一部に掲載された。

「辻が『中性的なおじいさんを目指す』として、外見はおろか性的嗜好にまで変化が生じたことに中山がドン引きした……という内容だったのですが、この情報は、中山が所属するバーニングプロダクションのリークと言われており、当初からマスコミ関係者の間では、疑問視されていました。さらにその後、中山は離婚前から、音楽家の渋谷慶一郎と“深い関係”にあると一部女性誌が報じたことで、世間は完全に『中山悪し』の論調となっていったんです」(スポーツ紙記者)

その後、離婚が成立すると、中山は単身日本へ帰国。一方の辻は、一人息子の親権を持ち、現在もパリで生活を続けている。

「辻は、シングルファーザーとして子育てに奮闘する日々をTwitterに綴り、株を上げる結果に。それと相対する形で、中山の悪評に拍車が掛かりました。辻は離婚後、バーニングにあまり忖度しない事務所として知られるタイタンに所属したのですが、中山サイドはそれもまた気に食わない様子。現在も中山の関係者の中には、辻に対する批判を、ネット上に書き込む者までいるそうです」(芸能プロ関係者)

辻は離婚後も、子どもの生活環境を維持してあげたいという理由から、パリでの生活を続けているが、そもそも海外移住を希望したのは、辻ではなく中山の方だったそうだ。

「結婚当初、中山は世間やマスコミ、さらにはバーニングの目が届かない場所に行きたいと、難色を示す辻を押し切って強引にパリ移住を決めたんです。にもかかわらず、離婚後は辻だけでなく、子どもまで置き去りにする形で、日本の芸能界へあっさり戻ってしまった。自己中心的な振る舞いの中山に対して、『子どものために』と、元々本人が望んでいなかったパリ生活を続ける辻に同情票が集まるのは、ごく当たり前の話でしょう」(同)

何をやってもバッシングに晒されそうな中山だが、果たして芸能界への完全復帰は、吉と出るのかそれとも――。

外部リンク(サイゾーウーマン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス