最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

木村文乃が松本潤に怒られた? 撮影現場で起こった“事件”とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


日曜劇場『99.9-刑事専門弁護士-SEASON II』のヒロインに抜擢された、女優の木村文乃さん。撮影の裏側や意気込みを聞きました。


「とくに監督などから言われたわけではないんですが、役作りとして、自ら髪を切ってみました」

思い切ったショートヘアで現れた、木村さん。日曜劇場『99.9-刑事専門弁護士-SEASON II』のヒロインに抜擢され、気持ちはすでに、元裁判官の尾崎舞子だ。

「舞子は、プライドが高く、物言いが上からだったり、つっけんどんな態度が目につく女性。ある事件がきっかけで裁判官を退官してから、法律の世界に戻るかどうかを決めかねているという微妙な立場や、気難しい部分がミルフィーユの層みたいになっている人で、それを表現するのはなかなか難しいです。ただ、いろんなことが鼻につく嫌な女性として映ってしまったら、愛されるキャラクターにならないと思うので、でも嫌いにはなれないんだよね、っていうどこか憎めないチャーミングな女性に見せたいと考えています」

前作のシーズン1は、同クールの中でも最高視聴率をマークした人気作。そこに新たに加わることについて、最初は怖さを感じていたという。

「私の新しいキャラが、前作のドラマが好きだった人たちにすんなり受け入れてもらえるのかどうか不安だし、しかも、役者陣のチーム感もすでに出来上がっているので、これは早くなじまなくてはと思いました」

そんな気持ちを察してなのか、主人公の深山を演じる松本潤さんの呼びかけで、撮影前に出演者たちが集まって、食事会が開かれたのだそう。

「その時、印象的だったのが『続編ではあるけれど、前作の11話、12話の感覚でやってしまったらだめだと思う。僕たちがまず新しい気持ちで作らないと』という松本さんの言葉。その後、現場に入るとみなさんが、できないからダメ、じゃなくて、できなかったら一緒にみんなで作っていこうというスタンスで、すごく熱い現場で。香川(照之)さんをはじめとした芸達者な先輩役者さんたちが、たったひとつのセリフに時間をかけて、ああでもないこうでもないと試行錯誤されていて、そんな様子を見ていると、私も、家でも台本が手放せないですね」

シーズン2の見どころを伺った。

「前作ではまだ解き明かされていなかった過去の話などが、前半からかなりスピーディに展開していくので、この作品を初めて観る人でも人物像がわかると思います。逆に、前作からのファンの方は、知りたかったことがやっと明らかになるので、いきなり見どころ満載。それから、99.9といえばの“オヤジギャグ”も、前回からさらに進化しているようです。私、そのギャグをすでに見て知ってるのに、本番ではゲラゲラ笑っちゃうし、今思い出しても笑える(笑)。新参者だけにそこに対する免疫はまだできていなくて、松本さんから『舞子、すぐ笑うんだもん。俺だって本当はゲラなんだから(笑)』って怒られちゃいました」

そんな木村さん、普段から、何事にも99.9%まで粘るのだそう。

「いつもギリギリで物事を決めるタイプです。0.1%のさじ加減で、その後の未来が大きく変わると、私は思ってるから」
きむら・ふみの 1987年10月19日生まれ。女優。出演した映画『火花』『伊藤くん A to E』が上映中。映画『羊の木』は2月3日より全国ロードショー。

日曜劇場『99.9-刑事専門弁護士-SEASON II』、毎週日曜21時~放送。個性的な刑事専門弁護士たちが、ぶつかり合いながらも、逆転不可能と思われる刑事事件に挑む、痛快リーガル・エンターテインメントドラマ。

※『anan』2018年1月24日号より。写真・小笠原真紀 ヘア&メイク・石邑麻由 インタビュー、文・若山あや

外部リンク(ananweb)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス