最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

思わず二度見!ベッカムの妻ヴィクトリア、ヌードに見違える下着姿で自らモデルに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
病的に痩せたモデルをブランド広告に起用し、非難の渦中にあるヴィクトリア・ベッカムが、スペイン版ヴォーグ誌の表紙モデルに抜擢されたことが先日報じられ、全裸に見えるヌードカラーのボディスーツ姿が話題を集めている。

ヴィクトリアは2010年、アメリカのデザイナー評議会の「健康美キャンペーン」に参加した際に、「ファッション業界での自分の役割を重く受け止め、痩せすぎモデルは起用しない」と宣言していた。にもかかわらず、2016年には自身のブランドのファッションショーで不健康に痩せたモデルを起用。今月に入り、自身の眼鏡ブランド「VB アイウェア・コレクション」の広告に病的なほど極端な痩せ方をしたモデルを起用し、各方面から非難を受けている最中だ。

今回のヴォーグ誌でのヴィクトリアは…というと、適度に筋肉がついており、骨と皮のようなガリガリボディというわけではない。しかし、写真に施された暗い色加工のせいもあるのか、こけた頬のラインが際立ち、退廃的な印象を醸している。他にも、柔軟性たっぷりの開脚ポーズの写真や、踊りながらポーズを取った写真も掲載されているが、いずれも“はつらつとした健康美”という印象の写真ではない。

ヴィクトリアが華奢な体型を維持しているのは、おそらく運動や節食のたまものなのだろう。しかし、デイリー・メール紙に寄稿しているジャーナリスト兼テレビ司会者のピアス・モーガンは、モデルが医学的に健康かどうかは、痩せすぎかどうかが問題なわけではないと強調。また「痛々しいほど病的に痩せた女性は美しい」というメッセージを発信し、少女や若い女性たちの健康状態に悪影響を及ぼしていることが問題であると指摘している。(Movie Walker・UK在住/シャオ)

https://news.walkerplus.com/article/134681/

外部リンク(Movie Walker)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス