最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

【非常事態】日本人ユーチューバー大量逮捕か / まずは1人目のユーチューバーが書類送検

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2018年1月22日、火炎放射器を自作し、そのようすをYouTubeに掲載していた日本人男性ユーチューバーが火気乱用容疑で書類送検された。このユーチューバーは2017年8~9月にかけて自作の火炎放射器を使用する動画をYouTubeに掲載し、火気を乱用した疑いがもたれている。

・最大で約2メートルの射程距離
このユーチューバーはホームセンターなどで火炎放射器の素材を購入し、銃器のような形状の火炎放射器を製造。燃料として灯油を使用しており、最大で約2メートルの射程距離を持つ。あまりにも恐ろしい武器になりえるが、これを公園で使用したというのだから驚きだ。

flamethrower1
flamethrower

・自分でも作ってみた
火炎放射器を作った理由は、他のユーチューバーが自作の火炎放射器を作っているのを知り、自分でも作ってみたとのこと。実際にYouTubeを調べてみればわかるが、多くの日本人ユーチューバーが自作の火炎放射器を製造していた。

・容易に人間や動物を火だるま可能か
その多くは可燃性のスプレー缶にライター等の着火器具をあわせたもので、噴射とともに着火することで炎が噴き出す。シンプルな作りながらかなりの威力で、人間や動物を火だるまにするのは容易だと感じる。

・凶悪だと判断されて逮捕されるユーチューバー続出か
また、かなり本格的に火炎放射器を作っているユーチューバーもおり、今後、今回書類送検されたユーチューバー以外にも、凶悪だと判断されて逮捕されるユーチューバーが続出する可能性が高い。ちなみに、自作の爆弾のようなものを作り、公園で爆破させているユーチューバーもいた。

ちなみに、無礼な行為をしたために7億円を請求されている22歳の女子ユーチューバーも物議をかもしている。









もっと詳しく読む: 日本人ユーチューバー大量逮捕か / まずは一人目の日本人男性ユーチューバーが書類送検(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/01/23/youtuber-who-made-the-flamethrower/

※冒頭画像はイメージです


外部リンク(バズプラスニュース)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス