【イタすぎるセレブ達・番外編】ヒース・レジャーの死から10年、姉が胸中を語る「私達の中で弟は今も生き続けている」

オーストラリア出身の俳優ヒース・レジャー(享年28)がこの世を去ったのは、2008年1月22日のことだった。ヒースの死後から10年という月日が経ったこのほど、姉のケイトさんが豪誌『WHO』に弟への想いを語った。『PEOPLE.com』などが伝えている。

映画『ブロークバック・マウンテン』での演技が評価され、ゴールデングローブ賞やアカデミー賞にて主演男優賞にノミネートされるなど、俳優としての地位を確実に築いていたヒース・レジャー。彼は2008年1月、処方薬の併用摂取による急性薬物中毒でニューヨークの自宅にて28年の生涯を閉じた。

バットマンシリーズ『ダークナイト』にもジョーカー役で出演したヒースだったが、2008年7月の全米公開を待たずにこの世を去ってしまった。その狂気をはらんだ名演技が高く評価され、死後にアカデミー賞助演男優賞を受賞したのは記憶に新しい。

あれから10年―姉のケイトさんは、家族とヒースの話題を口にしない日はないと明かす。元交際相手の女優ミシェル・ウィリアムズ(37)やミシェルがヒースとの間に授かった娘マチルダちゃん(12)とは今でも親しく、頻繁に訪ねているという。愛くるしい姪っ子の存在は家族にとって「大きな喜び」だと語るケイトさん、マチルダちゃんに亡き弟の姿を重ねているのかもしれない。

現在も「画面で見る弟の動く姿や、声を聞くのが辛い」というケイトさんだが、自身の娘たちはヒースの過去の出演作を通じて“叔父”の存在を理解しているそうだ。「私たちの中にヒースは今もずっと生き続けています」と話している。

弟の遺志を受け継いで誕生した「ヒース・レジャー・スカラシップ」は、ハリウッドを目指すオーストラリアの若き俳優たちをサポートする団体だ。もはや“伝説”となったヒースの役者魂は、ハリウッドでの成功を夢見る若き俳優たちの中にもずっと生き続けていくことだろう。

なお現在、ミシェルには金融コンサルタントのアンドリュー・ユーマンズさんとの婚約の噂が浮上している。ヒースとは破局した数週間後に永遠の別れを迎えてしまったミシェルだけに、彼女がこれまで抱えてきた苦悩は計り知れない。ぜひもう一度幸せになってもらいたいものだ。

画像は『The Dark Knight Trilogy 2017年4月4日付Facebook「Happy birthday to the legendary Heath Ledger」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 c.emma)

あなたにおすすめ