丸岡いずみが代理母出産 「奇跡の38歳」が「46歳の新米ママ」に

しらべぇ

2018/1/23 17:00


(写真は公式ブログのスクリーンショット)

元日本テレビキャスターでタレント丸岡いずみ(46)が、代理母出産により第1子が誕生したことを発表し注目を集めている。

■46歳で元気な男の子のママに


丸岡は23日に自身のブログを更新。

「この度、私たち夫婦の凍結受精卵を用いた海外での代理母出産で2018年1月3日(現地時間)に3400グラムの元気な男の子が生まれました」

と、1児の母となったことを公表した。

代理母出産とは、夫婦の受精卵を凍結した「凍結受精卵(凍結胚)」を、第3者の女性の子宮に移植し出産を依頼する方法とのこと。

代理母のお腹から、夫婦のDNAを引き継いだ子供が誕生する。

■「奇跡の38歳」が「46歳の新米ママ」に


『情報ライブミヤネ屋』(読売テレビ)のキャスター時代は、キュートな童顔で「奇跡の38歳」とも呼ばれた丸岡。2012年に映画評論家の有村昆氏と結婚し、現在は46歳だ。

日本の芸能界では、キャスターでタレントの向井亜紀(53)が2003年に代理母出産で子供をもうけ話題になった。

■2012年から不妊治療をしていた


夫の有村氏も23日、自身の公式ブログで子供が誕生したことを報告。

「2012年より不妊治療に取り組んできましたが、この度凍結受精卵を用いた海外での代理母出産により、我が家へ赤ちゃんを迎えることができました」

と、結婚当初から不妊治療に取り組んでいたことを告白し、喜びの言葉を述べている。

キム・カーダシアンも代理母出産


代理母出産で子供が誕生するケースは日本の芸能界ではまだ珍しい。海外では、今月15日にキム・カーダシアンが代理母出産で第3子をもうけ、ニュースになった。

丸岡のブログによると、子どもを授かるまでの経緯は雑誌『婦人公論』(中央公論新社)でまとめられているとのこと。



今後ますます注目を浴びそうな生殖補助医療。不妊治療からステップアップして代理母出産にいたった経緯は丸岡ファンならずとも興味深い。

・合わせて読みたい→東尾理子の第3子妊娠に「金がある芸能人だから」とモヤモヤの声も

(文/しらべぇ編集部・星子

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス