モー娘。佐藤優樹、東京の大雪に感激「北海道戻りたすぎる」

モーニング娘。の第10期メンバー佐藤優樹(18)は北海道出身である。1月22日は低気圧の影響により関東の平野部でも雪が降り続き、東京都心など各地で20センチを超える大雪となった。佐藤にとっては故郷を思い出させる懐かしい光景のようだ。

佐藤優樹は『モーニング娘。’18 天気組オフィシャルブログ』で「どぅも 戻りたい星人デス!」「みてぇぇぇぇーー♪」と積もった雪に触れるところを公開、「北海道戻りたすぎる」「それなっっっ!!!」と心の声を明かしている。

さらには「みんなで作りましたっっっ」と雪だるまを披露しており、メンバーと一緒に遊べたのだから都内での大雪も良い思い出になることだろう。

ネットでは今回の大雪に関する様々な投稿が見られる。なかには道を覆う分厚い雪でスノーボードを楽しむ人もおり、まるで北国のようだ。

一方でお笑いコンビ・バンビーノの石山大輔は愛媛県出身で京都の大学に進み、ブラジルにサッカー留学していた経験があるだけに雪には慣れていない。

『バンビーノ石山(ishiyamantohihi)ツイッター』では夜中、自宅前に降り積もった雪を除雪しながら「おい、東京。玄関が開かんぞ」と不満をつぶやいていた。

画像は『モーニング娘。’18 天気組 2018年1月22日付オフィシャルブログ「大好きーーー佐藤優樹chan」』『バンビーノ石山 2018年1月22日付Twitter「おい、東京。」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

あなたにおすすめ