飯尾和樹、横殴りの雪を受けながら街頭に立つ 「どんな時も笑顔ですね」

発達した低気圧の影響で22日は東京23区など関東南部の平野部でも午後から雪の勢いが強まり、まとまった雪が降り積もった。夕方からは早めに帰宅しようとした会社員らが駅で長蛇の列を作るなか、お笑いコンビ・ずんの飯尾和樹(49)はマイクを持ち笑顔で街頭に立っていた。

22日の21時頃、『ずん 飯尾和樹(peccori_45)ツイッター』に「ロケ決行!」と記して投稿された画像には、横殴りの雪をまともに受けながら仕事中の彼の姿がある。コートも羽織らず手袋もはめず、マイク片手にカメラに向かって何か喋っているようだ。かなり寒いであろうが、飯尾はプロらしくしっかり笑顔だ。

フォロワーも「最高です! 熱燗ですね。今夜は」「お疲れ様です。体調崩されないにお気をつけて下さい」「どんな時も笑顔ですね」「えー!? コート着せてあげて!」「飯尾さん頑張ってる姿かっこいいですー!」と飯尾和樹の頑張りを労い、体調を気遣っている。

画像2枚目は『ずん 飯尾和樹 2018年1月22日付Twitter「ロケ決行!」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 みやび)

あなたにおすすめ