中村静香と“やれたかも”経験告白

お笑いコンビ・さらば青春の光の森田哲矢(36歳)が、1月21日に放送されたバラエティ番組「聞いてくれ!オレのやれたかも話」(AbemaTV)に出演。女優でタレントの中村静香(29歳)と“やれたかも”なエピソードを披露した。

同番組は、1月27日スタートの実写ドラマ「やれたかも委員会」(AbemaTV/ロバート・秋山竜次主演)のスピンオフ企画。お笑いコンビ・NON STYLEの石田明と井上裕介がMCを務め、“あのとき、もしかしたら、あの子とやれていたかもしれない…”エピソードを抱えた芸人たちが実際の経験を披露していく。

森田が話す順番になると、MCの井上は「今から話す女性は芸能人でいうと、誰に似ていますか?」と質問。すると、「似ているというか、ガチの芸能人です。ドラマにも出ている有名なグラビアアイドルの方です。イニシャルは苗字がNです」と回答し、スタジオをざわつかせた。

それはタレントの坂上忍がMCを務めるインターネット番組で海外ロケに行った際のこと。Nさんは共演者だったが、「お酒をかなり飲むロケで、(森田は)お酒が全然飲めないんですけど、マッコリをひたすら飲んだら潰れてしまい、ロケバスの中で寝てしまった。すると、Nさんが一人でバスに乗り込んできて、(森田の)顔を手でいじくり回してきた」と当時を再現しながら説明した。

Nさんの顔も胸も目の前にある状況を1ミリの理性で食い止めたと話す森田は、ロケが終わり、ホテルでエレベーターを待っていると、Nさんとマネージャーに遭遇。隣にマネージャーがいるにも関わらず、森田の腕を引っ張りながら「これからどうするんですか~? 飲みます~?」と誘われるも、連絡先も知らないし、マネージャーもいるとのことで、断ってしまったと話した。

当時を振り返り、「マネージャーがいなかったら絶対やれたなと思うんですよね」と話す森田だったが、やはり相手が芸能人ということもあり、話を聞いていた女性陣5人の飯店は「やれたとは言えない」が3票で「やれた」とは認定されず。

エピソード披露後、Nさんが中村静香だということが明かされ、ロケの翌日には「昨日のことは覚えていなくてマネージャーさんに聞きました。すいませんでした」と言われたと後日談も語っていた。

あなたにおすすめ