『海月姫』瀬戸康史のかわいいとカッコイイのハイブリッドがすごい

しらべぇ

2018/1/23 14:00


主人公・月海役の芳根京子、蔵之介役の瀬戸康史をはじめ、キャスト陣の原作再現度の高さも話題の『海月姫』(フジテレビ系)。

22日夜9時より、第2話が放送された。

■天水館の危機が発覚


(画像提供:(C)フジテレビ『海月姫』

倉下月海(芳根京子)ら天水館のみんなは、BL漫画家・目白先生が〆切日を間違えていたため、大わらわで作業していたが、男同士が抱き合うカットを見た月海の動きが止まった。鯉淵修(工藤阿須加)に、水族館で抱きしめられたことを思い出して混乱する中、蔵之介(瀬戸康史)が現れ、平然と抱きしめられていたと告げる。

作業を手伝うため手を洗おうとした蔵之介だが、台所の蛇口をひねると排水管が破裂! 修理代は20万円だが、ほぼニート状態の尼~ずには持ち合わせがない。

(画像提供:(C)フジテレビ『海月姫』

蒐集品をフリーマーケットで売ろうとすると、月海が作ったクラゲのぬいぐるみが普通に売れて評判も良い。これに目をつけた蔵之介は、ネット販売を思いつく。

蔵之介の目論見は当たり、尼~ず全員で協力して作ったクラゲのぬいぐるみは完売し、5万円を手にする。その様子を見て、千絵子(富山えり子)は人形の桜子を里子――売りに出して残金15万円を用立て、水道管修理代に充てることで一段落。

そんな中、天水館が都市開発に絡んで売られることが発覚し、蔵之介に説得され集会に参加する尼~ず。会場で修の隣に座ることになった月海だが、挨拶もできず、修も月海と気づかないまま、天水館のみんなは稲荷翔子(泉里香)に問い詰められ逃げ出してしまう。

ばんばさん(松井玲奈)が忘れた傘を取り行こうとした月海は、その途中で修と稲荷が相合傘をする姿を目撃し、二人が交際していると思い落ち込む。一方、稲荷の策略にまんまと嵌められた修は、翌朝、一夜を共にした状況に激しく動揺する。

その後、天水館に訪れた稲荷に、蔵之介は自分たちが天水館を買うと宣言。父・慶一郎(北大路欣也)に借金しようとするが、話は修のトラウマ――実の母・リナと慶一郎の情事に関する話に。

父から「何がしたいんだ?」と言われ、思い悩む蔵之介はなんとなく天水館に辿り着く。しかし、男の姿のままだったことに気づいて引き返そうとするが、銭湯帰りの尼~ずと鉢合わせしそうになり、慌てて月海の部屋に逃げ込む。

(画像提供:(C)フジテレビ『海月姫』

そこには母の言葉を思い出し、ウェディングドレスのような格好で佇む月海がいた。

「大きくなったら、クラゲみたいなドレスを作ってあげる」と言った、月海の母の思い出話を聞くうちに、自分の母とのことを思い出した蔵之介。「月海、作ろう。クラゲのドレス、俺たちで」と言い、クラゲのドレスを売ったお金で天水館を買うと宣言する――といった展開だった。

■尼~ずの変身アフター


月海はすでに第1話で蔵之介に変身させられたが、今週は尼~ずの変身も。

(画像提供:(C)フジテレビ『海月姫』

驚く千絵子、ばんばさん、ジジ様(木南晴夏)、月海の前にいるのは…アフターまやや!



そして、今回の放送でTLに登場したのは、まやや役の内田理央だけではない。リアタイ実況には、ばんばさんこと松井玲奈が降臨。もろもろのツイートは適宜紹介するが、このシーンでは



さらに放送終了時には、アフター尼~ず集合を画面撮影したらしき画像をアップ。



TLでも多くの視聴者が、尼~ずの変身に沸いた。





そしてツッコミどころは、やはりこの二人。





普段からこの視界のなさだけに、



ツッコまずにはいられない気持ちもわかる。

それにしても、アフターなのに、変身アフターなのに、だーりおや松井玲奈になってない! ちゃんとまややとばんばさんで、アフターなのがさすがだ。

■催眠術!? そして「Bまで」がイケボで


(画像提供:(C)フジテレビ『海月姫』

今回、稲荷の策略に嵌められてしまう修だが、その手法がまさかの催眠術。







目覚めて動揺しまくりの修に、ベッドの向こうまで突き飛ばされていた稲荷。その後は、天水館で塩を撒かれて追い払われるシーンも、すごいことに。







このシーンには、松井がこんなこぼれ話も



思わぬ撮影裏話に、ファンは盛り上がった。

(画像提供:(C)フジテレビ『海月姫』

そして、原作ファンが沸いたのは、慶一郎と蔵之介の会話シーン。

「蔵之介、ひとつだけ言っておく。あの時はBまでしかしていない!」

このセリフは、原作でも慶一郎のキャラが出ている名言(?)そのまま、しかも北大路がいい声で言うから破壊力アップ。







ただし、こんなコメントも…





実際に「どういう意味?」と確認するツイートも見られた。

■かわいいとカッコイイのハイブリッド


第1話で「女辞めたい」女子が続出しまくるレベルで、



今回もアフター尼~ずより「かわいい」言われまくっていた蔵子。









しかし、今回は男性のままのシーンも多く、

(画像提供:(C)フジテレビ『海月姫』

イケメンぶりを発揮しているのだが、







蔵子のシーンでも「カッコイイ!」となる人が多い。かわいいのとカッコイイのとが、完全にハイブリッド状態なのだ。

イケメンの女装は、基本的にきれいだったり、かわいかったりはするが、その中にカッコイイが混じると普通はやや「女」の部分が崩れて見えがち。しかし、瀬戸の演じる蔵子の場合、かわいいとカッコイイが両立している点に、すごさを感じる。

■キュンキュンの月9らしさ


七変化があり、つい蔵子のかわいさに話題が集まるが、もちろん主人公・月海のかわいらしさも。



ビフォーの姿も愛らしいし、変身した姿の可憐なかわいさもいい。









そんなかわいい月海だからこそ、稲荷が持っていた修のメガネを見て、二人の交際を確信して泣きじゃくるのを抱きしめるのが、蔵之介じゃなく蔵子でもキュンキュンするし、







「月9らしさ」を感じる人も少なくないもよう。





蔵子として接しているうちに、蔵之介との距離も近づいた月海は、少しずつ自分の気持ちが表に出せるようになってきた。

修とのピュアすぎる恋の行方も気になるが、蔵之介との関係が深まることで、月海が成長していく姿も見どころのひとつだ。

■すぎもっちゃんも再現度ヤバイ!?


次回予告では、お姫様抱っこに期待が高まる人たちも…。







しかし、一瞬しか映らなかったのに、こっちの反応もすごかった。







尼~ずや花森さんの再現度もすごいのに、すぎもっちゃんがハマケンこと浜野謙太なら、これはかなり楽しみ…というか、このクラスのキャストまでハマりすぎなのは、ワクワクするレベル。

キュンキュンする展開と合わせて、すぎもっちゃんの登場に原作ファンの期待が高まりそう。

公式TwitterやYouTubeフジテレビ番組動画チャンネルでは、第3話の予告とセットになった第1話・第2話のダイジェスト映像も公開中。見逃している人は、まずはこちらをチェックするのがオススメだ。



《これまでに配信した『海月姫』記事一覧はこちら

・合わせて読みたい→『海月姫』瀬戸康史の蔵子かわいすぎて「女辞めたい」女子が大量発生

(文/しらべぇ編集部・くはたみほ

あなたにおすすめ