最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

指原莉乃が披露した「サシコ100%」批判の声が集中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(C)まいじつ

HKT48』の指原莉乃がAKB選抜総選挙の公約を実行した。指原の公約は「総選挙で1位になったらアキラ100%の裸芸に挑戦する」というものだった。

指原は1月18日に東京ドームシティホールで行った単独コンサートで、アキラ100%ならぬ“さしこ100%”を披露。「その部分だけ写真が世に出回らないので、楽しみにしていて」と、会場とDVD購入者限定の芸だと宣言した。バラエティー番組でアキラ100%のお盆芸をやると宣言した際の映像が放映され、続けて披露した曲でパーテーション越しにスカートを脱ぎ、股間にお盆を当てて登場した指原は、くるりとお盆を返してアキラ100%直伝のお盆芸を成功させた。

そのほかにも指原は「わたし、指原莉乃はHKT48を…まだまだやめませ~ん!」と卒業ドッキリを仕掛けるなど、大盛り上がりでコンサートを成功させた。

ところが、インターネット上では批判的な投稿が目立った。

《ストリッパーだね》
《散々脱ぎまくってるから本人は抵抗無しでしょうね。》
《下品。アイドル名乗るな》
《グラビアだったり写真集はなんとなく理解できるけど、ファンの前で水着は意味がわからない。こんなのファンサービスじゃなくてただの下品。気持ち悪いです》
《本人とファンがよければいいんじゃないかと思うけど、やればやるほど同性の好感度が下がるのは認識しておいた方がいいかもね》
《水着なのに凄い卑猥。エロ通り越して下品だよ。ソロコンだから自分のファンが見るんでしょ?安売りしすぎでしょ……》

このように、水着姿が卑猥だという意見や、《スタイルだけはいいと思ってたのに、お尻がだるだる。美尻トレーナーについてお尻と太腿の境目はっきりさせたほうがいいと思う》と、指原のスタイルについてを指摘する投稿もあった。

残留宣言にも厳しい意見


指原はコンサートでHKTへの残留も宣言をしたが、これについても手厳しい意見が投稿されている。

《AKBにいるからバラエティ要員ができるんだよ。この人はそれをよくわかっている。だからしばらく辞めないね》
《この子は好きでも嫌いでもないけど、プロデュース力に関してはAKBの中でも飛び抜けてると思う》
《そりゃアイドルやめたら、メディア露出も年収も激減するもんね》

指原よりも人気があった、前田敦子や大島優子、篠田麻里子といったAKB卒業生の現状を見ていれば、指原の残留宣言は妥当なのかもしれない。


外部リンク(まいじつ)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス