最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

簡単、手軽にテレビの音をグレードアップできるサウンドバー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは、テレビの前に置けるスリムなバータイプのスピーカーシステム「HT-S200F」(市場価格2万8,000円前後 1月27日発売)、「HT-S100F」(同2万3,000円前後 2月17日発売)を発表した。

HT-S200F/100FはHDMIケーブル1本でテレビと接続できるARC機能に対応。音量や電源などの操作もテレビリモコンで共用できるので使い勝手がよく便利に使える。トレンドのBluetoothにも対応していて、テレビの音声だけでなく、スマホやPCの音楽コンテンツもワイヤレスで楽しめるのもうれしい。

HT-S200Fは2スピーカー+サブウーファーの2.1ch構成で、特に低音域をパワーアップしていることに加え、フロントサラウンド回路により、映画やスポーツ番組も迫力ある音が楽しめる。HT-S100Fはサブウーファーを搭載しないがメインは高音/低音の2ウェイ構成で、より精細、鮮明な音で、リアリティーをアップ。両機ともに、全体の音量を上げることなく人の声だけを聴きとりやすくするボイスモードも備えるのも便利だ。

主な仕様は、HT-S200Fがアンプ出力合計80W、サイズ・重さが幅580×高さ64×奥行95mm・2.3kgで仕上げにホワイトとブラックを用意。HT-S100Fはアンプ総出力100W、幅900×高さ64×奥行き88mm・2.4kg、ブラックのみとしている。

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス