現実にある「禁じられた愛」

TABILABO

2018/1/23 11:01


「人を愛するのに権利はいるのか?」と聞かれたら、多くの人は「ノー」と答えるんじゃないかな。そう、私は思うんだ。

じゃあ、「LGBTの人たちには、愛し合う権利はある?」こう聞かれたら、人々はどんな答えをだすんだろう。

「同性」を愛するのは罪?



Kirill and Igor.

ロシア在住のAnna Brilliantovaは、LGBTの人々に対しての厳しすぎる法律に疑問を抱いている。

2013年に制定された同性愛宣伝禁止法。先に伝えると、同性愛そのものを禁止するものではないく、「非伝統的な性的関係」を未成年者に根付かせないことが目的。ただ、同性愛そのものを禁止しないといっていても、LGBTに関係する抗議デモ活動への参加を禁じるだけではなく、カミングアウトや手をつなぐことすら罪とされるらしいのだ。

このことに関して、Annaはハッキリと、おかしいと言っている。彼女の友人もLGBTであることで、差別され、周りから攻撃され続けたのだと。今では、他の国に移り住み、幸せな毎日を送っている。

でも、どうして彼らが他の人たちのように、「愛」を表にだしてはいけないのか。どうして愛することを否定されるのか……。


Kirill and Igor.

Annaが写し出すのは、“ごく普通”の愛し合うふたりの姿。

彼らも、自分たちと何も変わらない愛を育んでいることをわかって欲しい。偏見をもっている人たちに、やさしい気持ちで見て欲しい。と、彼女は願いを込めながらシャッターを切っている。


Alexander and Evgeniy.


Polina and Lada.


Zhenia and Roman.


Dante and Maxim.


Pollina and Tasya.


Yana and Sveta.

彼らの気持ちと、Annaの気持ちが詰まった写真。あなたは何を感じた?

「誰にも“愛を禁じる権利”なんてない」

そう、私は信じてる。

Licensed material used with permission by Anna Brilliantova(Facebook), (Instagram)

あなたにおすすめ