最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

『海月姫』第2話、瀬戸康史のハグ&頭ポンポンに「そのハグ神」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 女優の芳根京子が主演を務めるドラマ『海月姫』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第2話が22日放送され、放送終盤で瀬戸康史演じる蔵之介が芳根扮する月海をハグし、頭を優しく“ポンポン”する姿に、SNS上では「女装した瀬戸くんにハグされたい」などのツイートが殺到した。

【写真】「瀬戸康史」フォトギャラリー

『海月姫』は、人気漫画家・東村アキコの同名コミックを実写化したラブコメディ。クラゲを愛しすぎてしまった筋金いりの“クラゲオタク女子”が、とある兄弟と三角関係になり、自分には縁がないと思っていた恋を知り、新しい自分・新しい生き方を見つめていく姿を描く。

第2話は、尼~ずの面々が天水館の住人であるBL漫画家・目白先生の原稿を手伝うシーンから物語はスタート。そこに遊びにきた蔵之介が手を洗おうと台所の蛇口をひねると排水管が破裂。ほぼ無職の尼~ずたちは排水管の修理代20万円を捻出するため、蔵之介の発案でフリーマーケットに参加することに。そこで月海の作ったクラゲのぬいぐるみが大評判になり、蔵之介はネット販売を思いつく。

一方、突如発生した街の再開発問題。高層ホテル建設のため天水館も立ち退きが迫られていた。またもや蔵之介に促されるまま住民説明会へ赴いた尼~ず。そこで月海は、修(工藤阿須加)と天水館の立ち退きを画策しているデベロッパーの翔子(泉里香)が二人で歩いているところ目撃してしまう。

第1話のラストでは、母を思い出し涙を流す月海をバックハグで慰めた修。修への気持ちが高まってる中で、彼と翔子のツーショットを目撃してしまった月海。ドラマの終盤で、月海は自分がフラれたと思い込み蔵之介の前で涙を流してしまう。彼女の涙を見た蔵之介は、優しく月海をハグし、頭を撫でてあげるのだった。このシーンが放送されるとSNS上には「キュンとします!」「瀬戸くん、どストライク」「私も頭ポンポンされたい」などの声が殺到。さらに瀬戸演じる蔵之介について「ハグの仕方が優しすぎて涙出た」「無理死んだ、何そのハグ神」など感動や衝撃が入り混じった感想が多数ツイートされていた。

また、女装姿の蔵之介にハグされた月海が呟く「大人の女性の匂いがします…」というセリフには「喋り方がたまらない」「可愛すぎ」といった絶賛の声も集まっていた。

外部リンク(クランクイン!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス