「文化もクソもなくなる」 マツコ・デラックスが「店内全面禁煙」に苦言

しらべぇ

2018/1/23 11:00


2020年の東京五輪・パラリンピックを控え受動喫煙対策が講じられる中で、店内での全面禁煙の是非が問われている。

22日放送『5時に夢中!』(TOKYO MX)で、自身も喫煙者のマツコ・デラックス(45)が持論を展開。視聴者の間で大きな反響があった。

((C)ぱくたそ)

■過半数が全面禁煙を支持


民間シンクタンク「日本医療政策機構」のインターネット調査によって、20歳以上の男女49.9%が店内の全面禁煙を求めていることが判明。

「もともとタバコを吸わない人」の57.6%、「喫煙者」の18.2%が全面禁煙を支持し、温度差のある結果となった。

また、加熱式タバコも65.7%が「できるだけ早く受動喫煙対策の対象とすべき」と回答したが、マツコも「もう無理でしょ。喫煙にみなされる」と賛同。さらに「全面禁煙でよい」と前置きし持論を展開する。

■店の「住みわけ」が重要


マツコは「全面禁煙すべき店」と「タバコも共になければならない店」があると主張。

「ブランデーを呑みながら、葉巻を吸うバーで全面禁煙にしたら、何もかも、文化もクソもなくなる。それはちゃんと認めてあげないと、全面禁煙しない店は『悪』ってなるとそれは違う」と熱弁をふるう。

ただし家族連れや子供が来るような店は「全面禁煙で良い」と断じ、「ファミレスで食後に一服しているのは、喫煙者のわがままと思っていただいて結構」と、喫煙者としての意見を述べた。

■「タバコ文化」消失に危惧


マツコは、「高級なレストランだと、バースペースを設けてそこだけは喫煙可にするとかしないと、何か『大事なものが無くなってしまう』気がする」と、タバコがこれまでに築いてきた文化の消失を危惧する。

喫煙者、非喫煙者いるだろうが、視聴者からも同問題に関してさまざまな意見が巻き起こった。












■57.7%が「食事中にタバコを吸わないで」


しらべぇ編集部で、全国のタバコを吸わない男女992人を対象に調査したところ、全体の57.7%が「食事中に他人にタバコを吸ってほしくない」と回答している。

(©ニュースサイトしらべぇ)

食事を楽しむうえで、タバコの煙や匂いが邪魔になると過半数が感じていることが判明した。

「酒を飲むとタバコが吸いたくなる」喫煙者もいて、酒席と喫煙が深く結びついているのも確か。マツコの言う通り、バーや居酒屋で喫煙したい層は多いだろう。

頭ごなしに「全ての店で全面禁煙」を押し通すのは、あまりにも横暴なのかもしれない。

・合わせて読みたい→「日本はオリンピックに向けて全面禁煙になるらしい」 海外の反応

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年2月24日~2017年2月27日
対象:タバコを吸わない20~60代男女992名(有効回答数)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス