ふぉ~ゆ~福田悠太が初主演!オリジナル・ミュージカル『DAY ZERO』演出は吉原光夫

エンタステージ

2018/1/23 10:00


008821.jpg

日本発となるオリジナル・ミュージカル『DAY ZERO』が、福田悠太(ふぉ~ゆ~)主演で上演されることが決定した。原作は、2007年にイライジャ・ウッド、クリス・クライン、ジョン・バーンサルらが出演し、アメリカで公開された社会派映画。不穏な空気の中で生きている「普通の人たち」の生活が、一通の召集令状によって揺さぶられ変化していく様を描き、その硬派な問いかけで波紋を呼んだ。

濃密なドラマに挑むのは、福田のほか、上口耕平、内藤大希、梅田彩佳、谷口あかり、西川大貴という面々。福田は弁護士のジョージ・リフキン役、上口はタクシー運転手ジェームス・ディクソン役、内藤は小説家アーロン・フェラー役、元AKB48の梅田は女子学生パトリシア、元劇団四季のヒロインとして活躍してきた谷口はジョージ・リフキンの妻役、西川は客ほかを演じる。

また、上演台本は高橋知伽江、音楽は深沢桂子と、ミュージカル『手紙』(東野圭吾原作)で高い評価を得た二人のタッグが再び実現。演出は、吉原光夫が外部商業公演で初めて手掛ける。

上演決定にあたり、福田と演出の吉原からコメントが届いている。

◆福田悠太(ふぉ~ゆ~)
福田悠太初単独主演舞台。自分でも何それ?という気持ちとゾッとする気持ちと嬉しさと楽しみな気持ちで胸がいっぱいです。やれる限り精一杯やりますので、精一杯の人間を見たい方は、ぜひ遊びに来てください。

◆吉原光夫(演出)
映画の『DAY ZERO』を観た時に、これは自分たちにもいつかは起こることでは?と感じてしまいました。今の「フランス徴兵制復活」のニュースもそうですが、「その危機」が自分たちのすぐ側にも近づいている。その中で、素晴らしいお二人、上演台本・高橋知伽江さん、音楽・深沢桂子さんでこの作品を、この時期に、そしてまた、素晴らしいキャストで挑戦できるのはとても意味を感じます。その「意味」に向けて精進します。

オリジナル・ミュージカル『DAY ZERO』は、プレビュー公演として5月25日(金)から5月27日(日)まで茨城・水戸芸術館 ACM劇場にて上演ののち、東京・愛知・大阪を巡演する。日程の詳細は、以下のとおり。

【プレビュー公演】5月25日(金)~5月27日(日) 水戸芸術館 ACM劇場
チケット一般発売開始:4月7日(土)
【東京公演】5月31日(木)~6月24日(日) DDD AOYAMA CROSS THEATER(DDD青山クロスシアター)
チケット一般発売開始:3月25日(日)
【愛知公演】6月26日(火) 刈谷市総合文化センター アイリス
チケット一般発売開始:3月31日(土)
【大阪公演】6月28日(木)・6月29日(金) サンケイホールブリーゼ
チケット一般発売開始:3月25日(日)

あなたにおすすめ