メルセデス・ベンツ 新車を買うと3回、別の新車がお試しOK

オートプルーブ

2018/1/23 09:00

メルセデス・ベンツ日本(MBJ)は2018年1月19日、新車オーナー限定の車両無料貸出サービス「シェアカー・プラス」を開始すると発表した。

このサービスを受けられる対象は、2015年以降にメルセデス・ベンツ並びにスマートの新車を購入し、現在も愛用しているオーナー。購入後3年間無料の総合保証プログラム「メルセデス・ケア」の期間中、希望するMBJ取り扱いのニューモデルを3回まで、無料で利用できる週末貸出サービスとして設定された。

MBJによると「普段はご自身の愛車で、特別な週末には最新モデルの中から選んだシェアカーでのドライブを楽しんでいただきたい」とのこと。貸出期間は週末を含む約1週間で、申込みはメルセデス・ベンツの会員サイト「Mercedes me(メルセデス・ミー)」を通じて行なうシステムを採用。またシェアカーの貸出と返却は、新車を購入したメルセデス・ベンツ正規販売店が窓口となって対応する。ちなみに現在利用可能なシェアカーは全国で約3000台で、2018年夏の本格稼働に向けて今後さらに拡充するとしている。

MBJでは現在、最高のブランド体験「Best Customer Experience(ベスト・カスタマー・エクスペリエンス)」を目指して、顧客が期待する以上の満足感を提供するための活動に注力している。本サービスもその一環で、顧客に「新車を選ぶ愉しさ」や「購入後の新しい体験」を提供しようという、これまでにない新しい取り組みだとしている。

メルセデス・ベンツ日本公式サイト

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス