わたしらしい起業のかたち Vol.20 占い師 山下真輝さん




編集者/ライターの池田園子が、週末起業家や個人事業主、経営者など、さまざまなスタイルで起業している女性にインタビューする連載です。

******

誰しも一度は「占い師」さんに運勢や相性をみてもらったことがあるのでは。鑑定結果が当たっていると、すごい! と感動しますよね。何を聞いてもスラスラと回答してくれる姿にも、人をみるプロだなぁと恐れ入る気持ちになります。

今回はフリーランスで活動する占い師さんに登場いただきます。21歳で独立、占い師になった山下真輝さんは、今年でキャリア7年。とはいえ、6歳から占いの勉強を始めているため、占いにどっぷりはまって23年!
人生の5/6を占いに捧げてきた山下さんは、「占い師になるべくしてなった人」ともいえます。実は山下さんのお母さまも、会計会社経営の傍ら、占い好きが高じて副業として占い師をしていたのだそう。

「ひとりっ子の私は学校から家ではなく、母の事務所へ帰っていたんです。母が本業を終えた後、占いをしているのを見て興味を持ちました。母に占ってもらったことが当たると、占いって面白い! とワクワクしましたし、逆に当たらなかったことは、どうしてだろうと考えるのも面白味がありました」(山下さん)

姓名判断にホロスコープ、手相、人相、家相、風水、トランプ、タロット、ルーン、紫微斗数(台湾の占い)など、さまざまな占いを習得している、リピーターの絶えない占い師、山下さんの起業ストーリーをお届けします。

雑学好き、好奇心旺盛な人は占い師に向いている



Q. 占い師に向いている人って、どんな人だと思いますか?

A. 資格がなくてもできる職業なので制限はないものの、楽しみながら勉強したり、覚えたりするのが好きな人、雑学好きな人、好奇心旺盛な人は、占い師に向いているんじゃないでしょうか。占いって「将棋」に似たところがあります。将棋で強くなるには、駒の強さや効果的な使い方を学んで覚える必要がありますよね。
占いも覚えることが膨大にあります。9割が暗記で、1割が経験だと私は思っています。とにかく情報が多いんです。神話や民俗学などとも親和性があるので、歴史を調べなければいけないときもあります。

――学問的な要素が強いんでしょうか。歴史好きな人も向いているかもしれませんね。

だと思います。私も子どもの頃から歴史が好きでした。好きなことだから、楽しく勉強しながら覚えていけるんですよ。それに、この世に存在する占いは、発生場所や歴史が少しずつ違うだけで、ルーツは同じなんです。ひとつ習得してしまえば、あとはコツコツと地道に学んでいくだけ。

私は本やネット上の資料を集めて、独学で習得してきました。ただ、座学で勉強した占いをお客さまにさせていただく前に、自分や子どもを実験台にしています。占いの種類にもよりますが、だいたい2か月先くらいを占ってみて、2か月後にどれが当たったか、どれがはずれたかA/Bテストをするように、“検証”するのは大事な時間だと思っています。

占いを通じて、願望を叶えるお手伝いをしている

Q. お客さまはどうやって獲得していますか?

A. 口コミ経由が約8割、残りはWebサイト経由です。リピーターさまも多いですね。女性のお客さまからは「当たってる」と言っていただくことが多く、男性のお客さまには知識量に満足していただくことが多いです。人生の5/6を占いに費やしてきて、占いのことしか考えていないので(笑)、お伝えできる情報や引出しは多い方だと思います。

お客さまに対し、私が占いでできることは、「願望実現のお手伝い」。鑑定結果を聞いて満足するだけのお客さまは少なく、実際にアクションを起こしたり、考え方を変えたりして、生き方を変えていきたいと思っている、向上心のある方が多いです。
だから、ひとりひとりの運気に合わせた、最善の結果を手に入れるお手伝いをしているつもりです。一番多い相談の「恋愛」でいうと、イケメンが登場する漫画を読む、ピンクの小物や雑貨を身の回りに置くといった、日常の中でできることをお伝えしています。

すぐに取り組めることなので、お客さまも早速その日から実行してくださるわけです。その結果、人生が変わっていくから、当たると感じてくださり、また別の悩みや気になることが出てきたときに、戻ってきてくれるんだと思いますね。

起業すると責任はすべて自分にかかる。でも、圧倒的な自由を獲得できる

Q. お客さまに支持され、リピーターがつく理由がわかる気がします。ただ、フリーランスとして7年続けるなかで、大変なこともあったのではないでしょうか?

A. 今でも大変なときはありますよ(笑)。たとえば、タスクや決断の期限を決めたり、ときには自分を追い込んだり。経営という面で見ると、シビアな面はもちろんあります。
でも、大変であることを楽しめなかった時期はない、と断言できますね。極論、大変な思いをしたくなければ、ラクをしたければ、フリーランスにならないほうがいいと思います。

フリーランスになると、安定は遠ざかります。ときに冒険する勇気も必要ですし、自分で決断し責任をとらないといけません。ただし、自分が望んだ通りに生きていけます。責任はすべて自分にかかってくる代わりに、自由を獲得できるんです。

私が独立して良かったと思うことのひとつは、やっぱり自由を手に入れられたこと。自分らしさや個性を発揮して自由に働きたいなら、ワクワクすることがたくさんありますし、大変なことがあっても、楽しみながら乗り越えていけると思いますよ。

好きなことを仕事にしたいなら、「できること」軸で考えてみる



Q. 近年、「好きなことを仕事にする」ことを目指す人が多いです。そういった本もたくさん出ています。その願望を叶えるのに必要なことはなんだと思いますか?

A. 「しなければいけない」という思い込みを再考すること。たとえば、私は朝起きるのが苦手です。でも朝起きなければいけない、ってどうなのかな、と考えてみる。そもそも、できるようにならないと、好きなこと(占い)を仕事にできないのか、と。

別に、朝起きられなくても、占いは仕事にできますよね。それに、できないこと、苦手なことをできるようにするには、あまりにも時間がかかります。いざできるようになってから、行動に移そうとしても、時既に遅し、かもしれません。
「できること」軸で考えた方が早いんです。できることをさらに伸ばして、できないことは誰かと助け合って、補っていけばいいんじゃないかな、って。

占いはできても、不得意なことがたくさんある私には、仕事上のパートナーがいて、彼にかなり助けられています。彼は私にはない力を持っているので、私の足りない部分を補ってくれるんです。ひとりではなく、ふたりでがんばってきたから、7年続けてこられたのかな、と思います。

まとめ

ご自身のなかに、「占いを通じて、幸せな女性を増やしたい」という、一貫した思いを持つ山下さん。女性が悩む時間を減らして、幸せになってほしい、と真摯に願っていることが伝わってきました。
たしかに、女性が笑顔でいることは、周りのみんなを幸せにします。結婚している・していない、子どもがいる・いない、働いている・働いていない、そういった状況にかかわらず、女性が笑っていたら、男性も子どもも仕事仲間も皆、満たされる。

占いの力で悩める人の背中をやさしく押して、それぞれが理想とする幸せな状態へ近づいてほしい――山下さんの描く世界が実現することを願います。

▽ 山下真輝さん



占い師。占い師としても活動していた母の後を継ぎ、2代目占い師に。2011年より個人セッションを開始。対面鑑定のほか、ワークショップ、執筆など、多岐に渡って活動中。病気・離婚・シングルマザーを経て現在は再婚。2児の母。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス