丸岡いずみ・有村昆夫妻、代理母で第1子誕生報告

フリーアナウンサーの丸岡いずみ(46歳)が1月23日、公式ブログを更新し、海外の代理母出産で第1子となる男児が誕生したと発表した。

23日付けのエントリー「ご報告」では、まず、「この度、私たち夫婦の凍結受精卵を用いた海外での代理母出産で 2018年1月3日(現地時間)に3400グラムの元気な男の子が生まれました」と報告。そして「2012年より不妊治療を開始、6年の歳月の中で様々なことがありましたが 周りの多くの方々の協力を経て、我が家へ赤ちゃんを迎えることができました」と続けた。

また、待望の赤ちゃんと対面したときの胸中を「感動は言葉では言い表せないほどのもので、夫と共に大泣きしてしまいました」と告白。「代理母出産に関してはもちろん様々なご意見があると思いますが、今後も子供の成長を温かく見守って頂ければ幸いです」とつづっている。

なお、「これまでの不妊治療のこと、代理母出産に至る経緯と気持ちなどについて、本日発売の『婦人公論』でまとめていただいています」とのこと。同誌などによると、代理母はロシア在住の女性だという。

☆夫の映画評論家・有村昆(41歳)も報告

有村も1月23日、公式ブログを更新。「無事に生まれてきてくれた夜は感動で眠ることができませんでした。これからも妻と支え合いながら、親子3人でたくさんの思い出を作っていきたいと思っています」などと喜びをつづっている。

あなたにおすすめ