給料泥棒! 無駄に残業する人がした衝撃の行動3選

しらべぇ

2018/1/23 06:00


(Ryan McVay/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

無駄な残業をする人がいれば、そのぶん会社の利益が減り、真面目に働く人の給与に影響する場合もあるだろう。

だが、自分さえよければいいと姑息な残業を繰り返し、会社からお金をせしめる社員もいるようだ。

しらべぇ取材班は、会社勤めの人に「無駄に残業をする人のありえない行動」を調査してみた。

(1)ひとりでドラマ鑑賞


「3人しかいない部署。その中で、いつもひとりだけ遅くまで残って残業しているので、『人数少ないから大変なんだろうね』と、みんなで心配していました。

でもある日、用事があってその人のところへ行ったらパソコンでドラマ鑑賞を…。部屋にひとりになるのをいいことに、残業代を稼いでいただけでした」(男性・26歳)

(2)トイレにこもって化粧タイム


「女性の先輩の中で、仕事終わりに出かける時に就業後にトイレにこもって化粧をしたり髪を巻いたりして、それが終わってからタイムカードを押す人がいます。

必死に働いている人もいるのに、私用で残って1時間ちょっとの残業代をもらっているなんて納得いかない。しかし先輩だから注意もできず…」(女性・27歳)

(3)仲良い子を待つ


「職場で、いつもベッタリな女子ふたり組がいるんですが。

どちらかが残業になると、もうひとりもすることがないのに無駄に残り、終わると一緒に帰っていきます。

高校生じゃないんだからケジメをつけようよ…という感じだし、せめて待つにしてもタイムカードを押して、会社のロビーとかで待ち合わせればいいのに…」(男性・26歳)

■職場に軽蔑する人がいるのはどれくらい?


ちなみに、しらべぇ編集部が全国20~60代の社会人経験がある男女1,006名に調査を行なったところ、「職場に軽蔑している人がいる」と答えた人は全体の約5割。

(©ニュースサイトしらべぇ)

無駄な残業代は、みんなの迷惑になる行為だろう。周囲から軽蔑されないためにも、残る用事がない時にはサクッと帰ったほうがいいかもしれない。

・合わせて読みたい→業務量はそのまま…働き方改革の裏で起きている持ち帰り残業の実態

(文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年6月2日~2017年6月5日
対象:全国20~60代の社会人経験のある男女1,006名(有効回答数)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス