最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

ジャスティン・ビーバーの母、息子との交際を良しとしないセレーナ母に苛立ちか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
腎移植を受けるほど体調悪化に苦しみ、一時は命の危険を感じていたというセレーナ・ゴメス。それを知ったジャスティン・ビーバーは「僕が愛していたのはこの人だ」と痛感、何か月もかけてアプローチを続け、セレーナはザ・ウィークエンドとの破局を経てジャスティンとの交際を再開した。しかしそんなセレーナの決断に、セレーナの母は「交際はよく思っていない」「この私はジャスティンと何年も連絡すらとっていない」とメディアにコメント。セレーナの親族らもセレーナを裏切り泣かせてばかりだったジャスティンのことを「下劣な男」と語り、大々的に報じられた。それを知らぬはずもないジャスティンの母パティさんは、息子がいかにヤンチャだったかを誰よりも知りつつも「はらわたが煮えくり返るような思い」だったのではないだろうか。

「私はジャスティン・ビーバーとは何年もメールや話をしていないし、(娘とジャスティンの交際を)喜んではいないわ。」

そう語ったセレーナ・ゴメスの母は、「なんでまたジャスティンと交際を…」とセレーナに詰め寄り、激しい口論になったとのこと。挙句の果てに病院に行くはめになったというから、よほど激しく動揺したに違いない。そんな中、ジャスティンの母パティさんは息子との休暇写真をインスタグラムにアップし、こんな風に息子を大絶賛してみせた。

「あなたはすばらしい青年になったわ。それをすごく誇りに思うの。」

「完璧な人間なんていないのよ。(だから互いに対し寛容になり忍耐強くなる必要があるの。)」

「あなたの誠実なところ、そしてあなたの個性が、ママは大好きなの。」

「素晴らしい成長ぶりだし、年齢以上の賢さだわ。それにあなたはものすごく面白いし。ひとりの時も声を出して笑っちゃうの、あなたの言葉や行為を思い出してね。あなたは素晴らしいハートの持ち主よ。心から愛しているわ。」

セレーナの母と親族に愛息を“どうしようもないワル”のように言われたパティさんは、内心は腹を立てたことだろう。息子が本当はどんなに素晴らしいか、そしていかに賢く陽気な好青年なのかをアピールしたくなったとしても不思議ではない。

ちなみにジャスティンは、こちらの写真をインスタグラムにアップ。セレーナならぬ木に腕を回し「愛が何なのか、今の僕には分かってる」と記しており、これを「セレーナとは別れたという意味ではないか」と解釈したファンが少なからずいたようだ。その一方で「いや、これは本当にセレーナへの愛に目覚めたという意味では?」「母の愛に感動したのでは」というファンもいるが、真相を知るのはジャスティンとセレーナだけである。

画像は『Justin Bieber 2018年1月17日付Instagram「Now I know what Love is」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

外部リンク(テックインサイト)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

海外最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス