1月22日は「カレー」の日!意外と美味しい食べ方・具材10選

It Mama

2018/1/22 22:00

source:https://www.shutterstock.com/

ママのお助けメニューの定番といえばカレーですよね!

そんな本日1月22日は、「カレーの日」なんだそうです。

1982年、社団法人全国学校栄養士協議会が学校給食週間の前に、子どもたちに好まれていたカレーを全国の学校給食メニューとして提供を呼びかけたことにちなんで制定されたそう。

一口にカレーと言っても各家庭で様々。

そこで今回はIt Mama編集部が、カレーにどんな具材が合うのか、どのようなアレンジをしているのか緊急アンケート! その名も「隣のお家のカレー大調査」をお送りします♪

▼福神漬け・らっきょうだけではもったいない!「トッピング編」

(1)チーズ


熱々のルゥにチーズをかけるとそれだけでもリッチな気分になりますよね。

2日目のカレーにたっぷりとチーズをかけて、トースターやオーブンで焼いてドリア風にすると焼きカレーも楽しめます。

(2)うずらの卵


普通のゆで卵でもいいのですが、一口サイズのうずらの卵がトッピングだとちょっと嬉しくなりますよね。

酢漬けにしてピクルスにするのもおすすめです。

(3)焼き野菜


ピーマンやにんじん、彩り野菜を軽く焼いてトッピングすると見栄えも良い一皿に。

その中でも焼きトマトはダントツの人気でした!

(4)納豆

source:https://www.shutterstock.com/

意外と人気だったのが納豆!

見た目はびっくり、味も最初はドキドキものですが、納豆の旨味で味がまろやかになるのだそう。

関連記事:15分でパパっと♪夫の帰宅が遅い時の 「ずぼら飯」レシピ2品

▼嫌いな食材もペロリと食べちゃう?「具材編」

(1)きのこ


野菜の高騰が続く中、価格も安定しているきのこ類はカレーに入れれば旨みも出て美味しさもアップ!

しいたけやエリンギを入れれば、ヘルシーなのに食べごたえのあるカレーになりますよ。

(2)さつまいも・かぼちゃ


じゃがいもの代わりにホクホクしたさつまいもやかぼちゃがおすすめです。

ほんのり甘さもあって子ども達も食べやすい味になります。

(3)れんこん・ごぼう


シャキシャキとした食感が楽しい根菜類は和風だしに合わせたカレーがおすすめ。

二日目にカレーうどんやカレーそばにしても美味しくなりそうです。

(4)油揚げ・厚揚げ


お肉の代わりに入れたら、カレーを吸ってジューシーで美味しい! と評判の油揚げ。

厚揚げは食べごたえがあるのでお肉の代わりでも大満足に。

関連記事:野菜高騰を乗り切る!家計に優しい「節約レシピ」2つ

▼【番外編】余ったおかずでカレーにリメイク!

(1)肉じゃが

source:https://www.shutterstock.com/

玉ねぎ・にんじん・じゃがいも・お肉と、カレーと肉じゃがは同じ食材で出来ているのでリメイクにはぴったりなんです!

しかも食材はしっかり煮えているので、カレールゥを入れるだけで完成。

多めに作って2日目のカレーが楽しめます。

(2)おでん


冬のメニューといえばおでんですよね。最後に残った出汁は逃さずにカレーにするのがおすすめです。

もちろん、具材が入っていてもOK! 大根や練り物も出汁のおかげで意外とマッチしますよ。

個性豊かなカレーの食べ方いかがでしたか?

定番人気メニューだからこそ、色々な食べ方で簡単アレンジしてみてくださいね。

【画像】
※ Botamochy , successo images , Tataya Kudo / Shutterstock

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス