「トランプ氏と寝たわ」2011年に語っていた元ポルノ女優 「退屈だった」とも

大変な潔癖症で、他人との握手に躊躇することさえあるアメリカ大統領ドナルド・トランプ氏。それでも美人と肌を重ね合うことには抵抗がないのか、3人目の妻であるメラニア夫人との結婚後も「この娘は好みだ」と思う相手にはとにかく猛アタックしていたもようだ。

大胆不敵で傲慢な性格も決して隠そうとせず、しばしば非常識な言動で人々を驚かせてきたドナルド・トランプ大統領。女癖の悪いこともたびたび話題に上るが、メラニア夫人という美人妻がありながら女性を口説く、また実際に不貞行為に走ることは止められなかったようだ。

先日、「アメリカ大統領選挙の1か月前に、ドナルド・トランプ氏の担当弁護士が売れっ子だった元ポルノ女優ステファニー・クリフォードさん側と交渉、「(過去にトランプ氏と性的関係を持ったことを口外せぬよう“口止め料”として)13万ドル(1440万円以上)を支払うとの合意に至っていた」と『The Wall Street Journal』が報じていたが、実際に2011年に『In Touch』がクリフォードさんを取材し、「2006年に開催されたゴルフトーナメントでトランプ氏と会ったわ」「メラニアのことは心配するなと言われたの」といった証言を得ていたことが判明した。そして「電話番号を教えてくれ」「ホテルの部屋で食事しよう」と誘ったというトランプ氏との夜を、彼女はこう振り返っていたのだ。

「(食後に性交渉して)こう思ったのを今も覚えているわ。『私のことを、売春婦だと思っていないと良いのだけれど』って。別に売春婦を批判しているわけではないの、ただ私には売春の経験なんてなかったから。」

「自分でも分からない。なんであんなことをしたのか…。でも彼と抱き合っている間『お願いだから金を払うなんて言い出さないでよね』って思っていたの。」

またクリフォードさんはトランプ氏の“テクニック”につき満足はしなかったもようで、友人には「退屈だった」ともらしたのだとか。そんな彼女もしばらくは浮気について伏せることなく話していたものの、その後はトランプ氏の弁護士が『The New York Times』に「何年も前に(トランプ氏と性的関係を持ったという)事実はない」「トランプ氏より大金を支払われた事実もない」とする彼女の署名入り書類を送付。トランプ氏も弁護士を通し、「絶対にそのような事はなかった」と浮気を否定している。

ちなみにクリフォードさんの知人は、「結局は口止め料を受け取った」と彼女の決断を話していたという。明らかに不愉快そうではあるが大統領に連れ添ってきたメラニア夫人も、「もうこの人にはウンザリ」と呆れ果てているかもしれない。

(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ