ジャスティン・ビーバー、モルディブ休暇で母との関係も修復か

人気歌手ジャスティン・ビーバー(23)は現在、母親のパティさんと共にモルディブでの休暇を満喫している。長年疎遠になっていた2人だが、今回の旅行で再び“仲良し親子”に戻ったようだ。

自身のInstagramに連日、美しい海辺の写真を投稿していたジャスティン・ビーバーの母パティさん。米時間18日には息子ジャスティンと並んだ写真をアップし、ファンを驚かせた。

ジャスティンの父ジェレミーさんが18歳、母パティさんが17歳だった1994年3月に誕生したジャスティンだが、ジェレミーさんが家を出て行ってしまったためにパティさんはシングルマザーとして懸命にジャスティンを育ててきた。だがジャスティンは「母よりも父とのほうが仲がいいんだ」と公に語るなど、パティさんとは疎遠になっていることをほのめかしていた。デビュー当時からジャスティンを支えてきたパティさんだけに、ファンも母子の関係が修復されることを願っていたという。

そんな中、モルディブで親子水入らずの時間を過ごしたと思われる微笑ましい写真が2人のInstagramに公開された。

「素晴らしい大人へと成長を重ねていくあなたを誇りに思うわ」とパティさん。「完璧な人間なんていないし、なろうとしても絶対に無理。だからこそ、お互いに辛抱強くそして優しく接し合うことが大事」とし、まるで自身とジャスティンの関係を思わせるかのような内容を綴っている。

17日にはジャスティンも、ヤシの木に笑顔で寄り添う写真を投稿。「愛とは何かがわかった」と記しており、母パティさんの愛情に触れ、満ち足りた休暇を過ごしたことがうかがえる。

数年来の“良好”とは言えない2人の関係を知るファンからも、「夢のようなツーショット!」「泣けてくる~」「私たちもジャスティンを誇りに思うわ!」といったコメントが見受けられた。

最近では、父ジェレミーさんや元恋人のセレーナ・ゴメスとも関係を修復したジャスティン。慈善活動にもかなり力を入れているジャスティンを誇りに思うパティさんは「近頃の良識ある行動や努力が実を結んでいるのは、あなたが神と良好な関係を育んでいる何よりの証拠」と綴り、ジャスティンを全面的にサポートしているもようだ。

画像は『Pattie Mallette 2018年1月18日付Instagram「I’m so proud of the amazing young man you are, and the young man you are becoming.」』『Justin Bieber 2018年1月17日付Instagram「Now I know what Love is」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 c.emma)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス