最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

30周年を迎える名作「ロックマン」から、ロックマン、ブルース、ゼロ、ロールのプラキットが発売決定!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今年30周年を迎える名作「ロックマン」、カプコンが世界に誇るヒーロー「ロックマン」シリーズから、ロックマン、ブルース、ゼロ、ロールのプラキットがコトブキヤより再発売されることが決定した。

「ロックマン」は1987年に発売されて以来、シリーズ累計3200万本(2017年9月30日現在)を誇り、アニメ版も制作されている大人気アクションゲームだ。

その「ロックマン」が30周年を迎えるにあたり、コトブキヤよりロックマン、ブルース、ゼロ、ロールのプラキットが再販売されることが決定した。

どの商品も、コンパクトで組み立ても簡単なので、ライトユーザーからヘビーユーザーまで、広い「ロックマンファン」が楽しめる仕様となっているので、ぜひ手にとって遊んでいただきたい。

【商品情報】

ロックマン リパッケージ版
・販売価格:3,200円(税抜)
・発売日:2018年2月予定
・サイズ;全高約130mm




各部の可動ギミックでゲーム内の様々なアクションを再現できるのは勿論、ロックバスターは差換えで再現され、エフェクトパーツが「ノーマル」「チャージ」状態の2種類が付属。
さらに顔パーツも3種類付属するので、アクションとあわせ様々なシチュエーションを再現できる。
瞳はタンポ印刷で再現されており、未塗装でも設定に近い姿に仕上がりるが、塗装派の方々のために瞳部分のデカールも付属。
同スケールの「E缶」も付属するので、一緒にディスプレイすれば世界観が一層深まること間違いなし!

ブルース リパッケージ版
・販売価格:3,200円(税抜)
・発売日:2018年2月予定
・サイズ:全高約130mm




赤いボディスーツとサングラスのようなバイザーが目印の「ブルース」。
各部の可動ギミックでゲーム内の様々なアクションを再現でき、もちろん特徴である「ブルースシールド」も付属、設定通り背中に背負えるようアダプターも同梱。
顔パーツも3種類付属するので、アクションとあわせ様々なシチュエーションを再現できる。

ゼロ リパッケージ版
・販売価格:3,600円(税抜)
・発売日:2018年2月予定
・サイズ:全高約160mm




「オレを目覚めさせて、どうしようっていうんだ…」

2002年に発売され、斬新な世界観とキャラクター性で新たなロックマンファンを開拓。今も根強い人気を誇っている「ロックマン ゼロ」から主人公「ゼロ」がプラキットで登場。

これまでのロックマンシリーズの主人公キャラとは打って変わった「赤×紺」を中心としたカラーリングを成形色で再現。
額のクリスタルはクリア成型。

付属武器は、光刃部分はクリア成型の「ゼットセイバー」、「バスターショット」と「ゼロナックル再現用のハンドパーツ」。
腰部分のパーツはゼットセイバーを抜いている状態のものも付属するのでシチュエーションに合わせてご使用できるほか、また、ゼロナックルの掌の「Z」の文字は塗装済みにて再現されている。
また、これまでのキャラクタープラキットで培われたノウハウを生かしたシリーズ屈指の可動範囲を誇る本商品は、定番となった差し替えによる「視線移動ギミック」に加え、表情パーツが2種付属、キットの高いアクション性と付属武器と相まって、様々なシーンを再現可能だ。
パッケージは、ロックマン ゼロシリーズのキャラクターデザインを担当した中山徹さん描き下ろし。
一部塗装済みマルチカラーキット仕様に加え、パーツ数を抑えた設計なので、プラモデル初心者でも安心して組立てる事が出来るぞ。

ロール リパッケージ版
・販売価格:3,200円(税抜)
・発売日:2018年2月予定
・サイズ:全高約140mm



コスチュームは大人びた「ロックマン8」以降のコスチュームと、差し換え式で懐かしい「初代」のコスチュームも再現出来る。
瞳はタンポ印刷で再現されますので、未塗装でも設定に近い姿に仕上げがっているが、塗装派の方々のために瞳部分のデカールも同梱される。また、女の子らしい表情のついた平手パーツと人差し指を立てたハンドパーツも付属。
表情豊なフェイスパーツが3種付属。様々なポージングも楽しめる。

(c)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

>> 30周年を迎える名作「ロックマン」から、ロックマン、ブルース、ゼロ、ロールのプラキットが発売決定!! の元記事はこちら

外部リンク(アキバ総研)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス