岩田剛典、ノースタントで欅の木に登る熱演! “河瀬組”「Vision」出演決定

ザテレビジョン

2018/1/18 08:55

ジュリエット・ビノシュ、永瀬正敏がW主演を務め、2018年に全国公開される映画「Vision」の追加キャストが判明。日本の音楽シーンをリードするEXILE/三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEのパフォーマー・岩田剛典や、美波、森山未來、田中泯という強力な布陣が脇を固める。

岩田といえば、2016年公開の「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」で映画初主演を果たし、「第41回報知映画賞」や「第40回日本アカデミー賞」で新人賞を受賞。また、一大プロジェクト「HIGH&LOW」シリーズでは、コブラ役での好演も記憶に新しく、パフォーマーとしてだけでなく、演技の方でも活躍の幅を広げてきた。

今回は、世界中で多くのファンが待ち望む河瀬直美監督作品に初めて参加し、新たな一歩を踏み出す。

そんな岩田が演じる鈴(りん)という青年は、永瀬演じる智と同じ“山守”として山で生きているという設定で、撮影時にはスタントなしで実際に欅の木に登るなど、果敢に撮影に挑んだ。

ジュリエット・ビノシュ演じるフランス人エッセーストのアシスタント役・花を務めた美波は、深作欣二監督作「バトルロワイヤル」(2000年)で鮮烈なデビューを果たし、現在はフランスに拠点を置きながら、映画、テレビドラマ、舞台などで活躍。本作では流ちょうなフランス語も披露している。

さらに、2016年公開の「怒り」で「第40回日本アカデミー賞」優秀助演男優賞を受賞した森山は、同年の「第10回日本ダンスフォーラム賞」を受賞。ダンサーとしての活動も幅広く、現在も舞台「プルートゥ PLUTO」で主演を務め、2月にはヨーロッパ公演も控えている。岳(がく)という猟師を演じ、山守とは違う形ながら彼もまた、山に生き、山を守る。

そして特別出演として日本を代表する舞踊家の田中が、森山と共に河瀬作品に初めて参加。岳と同様、猟師の源(げん)を演じる。

また、俳優業・演出業のみならず、最近ではライブ活動も精力的に続ける夏木マリが、こちらも河瀬作品に初めての出演を果たすことも決定。声優としてもさまざまな作品に出演し、多彩な声で観客を魅了し続けている。

本作で初共演となるジュリエット・ビノシュは、夏木との共演シーン、ファーストカットの際に「あのマリという人はどんな俳優なの?」とスタッフに尋ね、自らの携帯で夏木の情報を検索するなど一目を置く存在だった。

世界的名女優との共演は、世界中のファンから注目を集めることになりそうだ。そんな夏木が演じるアキという老女もまた山で生き、古くから伝わる薬草を作り、自然と共存しながら静かに暮らしている。

「雨が来る」と天気の変化を言い当てる不思議な力を持つアキは、ジャンヌが山に入ってくることを予言し、智とジャンヌの運命を導く。

■ 岩田剛典 コメント全文

【岩田剛典】

河瀬監督とは昨年の夏に映画祭で初めてごあいさつさせていただいた際に「監督といつかご一緒したいです」と話したのですが、まさか本当に、しかもこんなにも早く作品に呼んでいただけるなんて想像もしておらず、お話をいただいた時は心からうれしかったです。

国際的な作品に出演できる機会はそうそうあるチャンスではないので、作品の中での自分の役割を果たせるように覚悟して現場に臨みました。

河瀬組は役者にリアルを追求する現場だったように思います。

英語で芝居をするのも初めての経験でした。撮影現場でアドリブの芝居を求められることが多かったのもとても印象深いです。また撮影期間中は自分の撮影がない日も東京に戻らずずっと奈良・吉野の大自然に囲まれて住み込みで生活していたのですが、一度もホテルや民宿には泊まらず、撮影現場で寝泊まりしたり、民家の一部屋をお貸しいただいたりして過ごす経験は初めてでした。

監督の撮影期間中は役者に役柄から離れて貰いたくないという思いもあり撮影期間中はカメラが回っていないときもずっと役柄のまま生活していました。毎日、役に入る時間とかもなく朝起きてそのまま撮影が始まるような、河瀬組のリアルを追求する撮影手法がとても刺激的でした。

ジュリエット・ビノシュさん、永瀬正敏さん、お2人とも初対面は撮影現場だったのですが、素晴らしいお2人と作品でご一緒させていただける日が来るなんて想像もしていなかったので、お会いした時はとても緊張したのを覚えています。

自分は役柄的にお2人と一緒のシーンが多かったのですが、ジュリエット・ビノシュさんは現場でとても通じ合えた気がしました。永瀬さんは河瀬組が3作目だということで、初めて参加した自分に現場について分からないことなども色々と優しく教えてくださり、本当に助けていただきました。

日本の奈良・吉野を舞台に、さまざまな愛の形や命のあり方がテーマになっている作品になっていると思います。日本国内だけでなく国外にも日本古来の伝統や、歴史が詰まった大自然の神秘さや美しさが伝わるといいなと思います。

今回「Vision」に参加させていただき、表現者として大きな経験を積ませて頂きました。国際的な視点を持って取り組むことで、俳優として視野が広がりました。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/134254/

あなたにおすすめ